treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

※https化しました。その影響でしばらくリンク切れなどがあるかもしれませんが徐々に修正していきます。 リンク切れなどのお気づきの点がございましたらコメントなどでご指摘いただけますと助かります。

Microsoft Access 2019 Runtimeはリリースしない?

ちょっとAccess Runtimeについて調べる用事があったので、未来の自分用に書き残しておく、という趣旨のご報告です。
Access Runtimeの最新版は「Office 365 Access Runtime」

以前にAccess Runtimeについて、

blog.treedown.net

このような記事を書きました。結構興味を持つ形が多いようです。
このときは「Microsoft Access 2016 Runtime」までをカバーしていましたが、Officeも2019がリリースして2・3年経過、今年の後半にはOffice2021のリリースが控えています。

改めて知識を整理しておく狙いで書き残しています。
ちなみに、Officeはボリュームライセンス版のOffice Standard(Professionalではない)を利用している環境を前提とします。

結論:最新はMicrosoft 365 Access Runtimeを使う。

結論から書いておきます。
既にリリースしているOffice2019(次にリリースするOffice2021も)と同一バージョンのAccess Runtimeは存在しません。
これからのAccess Runtimeは全て「Microsoft 365 Access Runtime」を使うことになります。
Microsoft 365 Access Runtimeは旧名「Office 365 Access Runtime」と呼称されていました。以下表記はMicrosoft 365 Access Runtimeで統一します。

以下のMicrosoftのページでダウンロード可能です。
Microsoft 365 Access ランタイムをダウンロードしてインストールする

ここに、
「Microsoft 365 アクセスランタイムファイルは、サポートされているすべての言語の32ビット (x86) または64ビット (x64) バージョンで無料ダウンロードとして利用できます。」
とあるので、このページから「Microsoft 365 Access Runtime」を入手できるようです。(まだダウンロード試していない。)

Microsoft Access 2019 Runtimeは存在しない?

Office2019に同居可能なAccess 2019 Runtimeという名称のソフトウェアは存在していないようです。
また、Office2019とAccess2019ではMSIインストーラ(従来のインストーラ形式で提供されたバージョン)が存在せず、C2R(クイック実行)のOfficeインストーラしか提供されていないため、Microsoft 365 Access Runtimeが唯一Access Runtimeを利用する方法となります。

つまり、クイック実行(C2R)のOfficeを利用している場合にはAccess RuntimeもC2Rのインストールである必要がある、ということのようです。

C2RになったOfficeと同居

企業でボリュームライセンス版のOfficeを利用していると、従来のMSIインストーラ(setup.exeを起動してOfficeをPCキッティングにインストールする、昔ながらのタイプ)でOfficeをインストールし、利用することになります。
しかし、ボリュームライセンス版Office2016をインストール時に、Access Runtime 2016をインストールしようとしたタイミングでインストール出来ないことに気づきました。
Office2016は同じバージョンのAccess Runtimeバージョン2016をインストールできない、という。

詳しくは、

www.microsoft.com

ここに記載がありました。(以下抜粋)
--------------------------------------------------------------
1. 同じバージョン (例 Office 2016) の製品が、2 つの異なるインストール テクノロジを使用している場合、同じ PC にインストールすることはできません。(例: Word 2016 (クイック実行) と、Access 2016 (Windows インストーラー) は同じ PC にインストールすることはできない) バージョンが異なれば、異なるインストール テクノロジが使用されていても、同じ PC にインストールして同時に使用することが可能です。
--------------------------------------------------------------

クイック実行(C2R)版はOffice365で提供されるOfficeインストーラとして有名ですが、最近は個人向けパッケージであるPersonal Editionもクイック実行(C2R)になっていて、インストールメディアが提供されず、ライセンス認証に必要となるプロダクトキーだけのパッケージになっています。ますます昔ながらのボリュームライセンス版のOffice環境が置いてきぼりになりつつあります。

クイック実行(C2R)のOfficeとMSIインストーラ形式(従来のsetup.exe実行形式)のOfficeは同一環境にインストールが出来ないので、VL版のOffice Standardを利用している環境では同じバージョンのAccess Runtimeをインストールできません。
でも違うバージョンなら可能で、Access 2016 Runtimeをインストールする環境が、Office 2013 Standardのボリュームライセンス版なら同居できます。

f:id:treedown:20210317193255p:plain
※ちなみに、個人向けのOffice 2016(2019だったかも)にC2R版のAccess Runtimeが同居できなくて、Access 2013 Runtimeまでしか利用出来ない、という結論で終了したことがありました。(簡単に言うと諦めた感じです。)

Access Runtimeの新版との同居情報は検証しておきたい

最新のMicrosoft 365 Access Runtimeは当然クイック実行(C2R)なのですが、前述のここ<同じ PC にインストールできる Office 製品について - Microsoft Office 2016>にあるように、
--------------------------------------------------------------
クイック実行のインストール テクノロジが使用されている製品は、すでにインストールされているアプリケーションと重複するアプリケーションが含まれているスイート製品、単体製品を、同じ PC にインストールすることはできません。
--------------------------------------------------------------
とあるので、ボリュームライセンス版であっても旧OfficeならMicrosoft 365 Access Runtimeは使えるかどうか気になったので、今後時間を取って確かめてみようかなと思っています。(まだ未検証ですし)