treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

※https化しました。その影響でしばらくリンク切れなどがあるかもしれませんが徐々に修正していきます。 リンク切れなどのお気づきの点がございましたらコメントなどでご指摘いただけますと助かります。

Windows Update用語LCUとSSU

2018年8月の更新で以前からちょくちょく目にしていたLCU(Latest Cumulative Update)とSSU(Servicing Stack Update)って何だろう、というのを調べて見ましたのでご報告します。

まだそれほど理解が進んでいませんが、ざっくりとした捉え方ということで。

関係しそうな参考URL:サービスとしての Windows の概要 (Windows 10) | Microsoft Docs

2018年9月の更新<2018年9月Windows Update⇒問題なさげ? - treedown’s Report>で見掛けて調べてみよう、と思ったLCUとSSUです。

LCU(Latest Cumulative Update)って何?

LCUはLatest Cumulative Updateの略で、最新の累積的な更新を意味しています。日本語で言えば累積的な品質更新プログラムと記載されていることが多いです。
大型アップデートとか、RollupPackageとか、最近は通常の更新プログラムもほとんどが累積的な更新プログラムになっているので、普段からあまり気にせずに適用してる通常の更新プログラムは全般的にLCUだと思ってよさそうです。

SSU(Servicing Stack Update)って何?

SSUはServup Stack Updatesの略で、品質更新と呼称します。日本語で言えばサービスタックの更新、と記載されていることが多いです。
累積更新プログラムに含まれないOSの修正にはSSU(品質更新)で提供され、累積更新プログラムとは別に適用する必要がある更新プログラムとなっています。
例えば、「更新プログラムの前提条件とする更新」を適用するケースによく利用されますが、前提条件となるKB(更新プログラム)はこのSSU(品質更新)として提供されます。つまり、適用する必要がある更新プログラムがLCUである場合、その前提条件となるSSUが適用されるまではLCUで提供される更新プログラムは適用されない(適用できない)ことになります。

疑問:新しくなったのか?

提供方法がまた新しくなったの?と思いましたが、内容の説明を読んでいくと、以前からWindows Updateの更新プログラムの適用に際して「KB○○の適用には先にKB○○が必要」というシチュエーションがよくありました。
具体的には、この前提条件となる更新プログラムや特定の更新に依存する更新プログラムに対して、呼称というかカテゴリ分け的なものがなかったけど、最近になって、LCU(Latest Cumulative Update)とSSU(Servicing Stack Update)という区分けを作って分類している、ということのような気がします。(明確にそうだと説明してくれる情報がないために、あくまでそんな気がする、というだけですが。)

なので、仕組みとしては別に目新しいことではなくて、今まで通り、特定の更新プログラム(LCU)には前提条件となる更新プログラム(SSU)が存在する、という認識をしておき、SSUを入れないとLCUは適用できない、と覚えておけば概ね問題なさそうです。

気を付けておくこと=手動適用

Microsoft Update カタログ<https://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx>で個別の更新プログラムを手動でダウンロードして、ダウンロードしたファイルをダブルクリックで適用する場合、この場合SSUとLCUを頭に入れておく必要があります。

手動更新をじっこうするファイルがLCUに該当する更新プログラムなのであれば、先にSSUに該当する更新プログラムをダウンロードし手動で適用しておく必要があります。
Windows Update画面から更新を実行するのであれば、SSUが適用できなければLCUはそもそも検出されないのであまり気にしなくてもいいのですが、手動ではそうもいきません。
同じように、WSUSで更新プログラムを配布しているケースでも、この辺の依存関係があるのでLCUを適用するためにはWSUS上でSSUがWSUS上で承認されてあらかじめクライアントへ展開されている必要がある、ってところでしょうか。

例えば2018年9月のKB4457128はLCUです。

f:id:treedown:20180912165605p:plain
なので、この更新プログラムをインストールする前に、SSUであるKB4456655

f:id:treedown:20180912165628p:plain
これを先にインストールする必要があります。

おそらく今後、LCUとかSSUという用語はサポートサイトやKBの解説で多用されていきそうな気がします。

「あれ…?おかしいな、更新プログラムが適用されないなぁ。」
となった際に、Microsoftのサポート情報の文書を見て、LCUがホゲホゲでSSUがホゲホゲ…、何じゃこりゃ?となったときに、このことを思い出すと役に立つかも。