treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

限定で7列キーボードのクラシックThinkPadが復活

今日はうれしいニュースが。
昔のThinkPadファンのために、7列キーボードのクラシックThinkPadが帰ってきたというニュースです。
しかし、1000台限定。

発売日2017年10月6日

ちょうどこの記事を書いている10月6日、以前からThinkPadファンの間では噂になっていた「ThinkPad 25周年記念モデル」がリリースされました。
あちこちでニュースになっています。
CNET Japan

japan.cnet.com

japan.cnet.com

ITmedia

www.itmedia.co.jp

マイナビニュース

news.mynavi.jp

見れば見るほどに欲しくなる魅力的な筐体です。

大きいのはキーボード

やはりThinkPadファンにとって大きなポイントになるのは、7列キーボードではないでしょうか。
ベースにしたのは14インチのThinkPad T470のようですが、キーボードはT420のキーボードです。※正確にはT410~T420で採用された7列キーボード。

ニュースサイトの写真をパッと見で、目の前に(普段使い)あるThinkPad T420sのキーボードとほとんど差がありません。ThinkVantageボタンがないくらいの差qしか見当たらないかんじです。
これでスペックが現代型のCPUやNVMeのSSDを搭載して、ディスプレイがFull HDの14インチIPS液晶になっている、という点がポイントですね。今風のスペックにそのままあの時代の7列キーボードが搭載された感じです。これはいい。

英語キーボードの乗せ換えがない

一部のThinkPadユーザならまるで空気のようにUS配列のキーボードに乗せ換えて利用している、というユーザもいらっしゃいます。実際私の周囲にも「私はね、英語キーボード以外は使わないですよ。」って公言している人がいます。
そういう人にとってはこの「ThinkPad 25周年記念モデル」は今一つに見えるかもしれませんね。ITmediaの報によれば、日本国内でUS配列キーボードの提供予定がない、ということのようです。でもebayとかで調達する人、いるんだろうなぁ・・・。

価格

17万9500円(別途消費税)

これ、シリーズ化してもらえないでしょうか?

心の声:
レノボさん、これシリーズ化してもらえないでしょうか?
パソコンは買ってしまうと数年は使うのです。コレクターズアイテムというわけではないので、何個も購入して飾っておくというわけにもいきません。やっぱり道具は使ってナンボです。という意味で使いたい、と心から思っているThinkPadユーザはいるはずなんですが、時期が合わないだけでこれを手に入れられないというのは悲しい。製品サイクル自体は通常のシリーズより長く〇年おきに、という長いサイクルでも構いませんので、このシリーズをぜひともレギュラーにしてもらいたい、という一ThinkPadユーザの心の声でした。


おっと、思わずツラツラと心の声を漏らしてしまいました。
手に入れた方は羨ましいです。