treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Creators Updateを実行したらスーパーセキュリティZERO再インストールになった

ようやくCreators Updateを一台適用しました。
対象PCはThinkPad T420sのWindows10無料アップグレードの機器で、一部ではNVIDIAの不具合が取りざたされているので、最初はIntel内蔵グラフィックモデルでアップデートをやってみることにしました。

Creators Update適用で数時間

ある程度は想定していましたが、やはり大型アップデートは結構適用に時間が掛かります。今回のT420sでも数時間掛かって適用が完了しました。
開始してから数時間そのままそっとしておくと適用が完了し、ログイン画面になっていたので、ログインをしてみることにしました。

スーパーセキュリティZEROが

早速表示されたのはスーパーセキュリティZEROがCreators Updateの対象バージョンではないのでバージョンアップするように、というメッセージでした。
手順を確認してみると、アンインストールして完全削除ののち、新しいバージョンをインストールする、という手順でバージョンアップしてね、という記述が。
うーん、そうなのか。

Creators Updateの適用だけで作業は済ませようとしていたのですが、ついでにやっておくことにしました。

バックアップ⇒アンインストールへ

最初に提示されたURLにアクセスして手順にあるSSPWdb.batを実行して設定情報のバックアップを取得する、という手順。実行すると「スーパーセキュリティ_バックアップ.db」というファイルが生成されました。

f:id:treedown:20170802175948p:plain
バックアップののち、supwesecurity_uninst.exeを実行してアンインストールを実行します。
アンインストール後にPC再起動⇒新バージョンのインストールを実行です。
これも手順にあるURLにアクセスしてインストーラを入手、実行します。

f:id:treedown:20170802180035p:plain
使用許諾条件に同意、次へ進むとインストール本体をダウンロードしてくる画面になりました。

f:id:treedown:20170802180058p:plain
ひたすら待ちます。
しばらく待つと、インストールしますよ、って画面になりました。

f:id:treedown:20170802180116p:plain

インストールを開始すると、また待ち時間です。

f:id:treedown:20170802180138p:plain
しばらくして、インストールが 無事完了しました。

f:id:treedown:20170802180245p:plain
利用開始、をクリックすると、ソースネクストマイページのIDを要求されます。ライセンスが紐づけられたソースネクストIDを入力します。

f:id:treedown:20170802180229p:plain
入力するとアクティベーションコード(ライセンスキーを入れてね)画面になりました。どのライセンスを利用するかってところですね。ブラウザでマイページにアクセスしてライセンスキーを調べて入力します。

f:id:treedown:20170802180317p:plain
入力するとアクティベーションされたと思しき画面になりました。

f:id:treedown:20170802180421p:plain
バージョンアップしたので、トップ画面が変わって、ちょっと面食らいます。自動操作ってなんなんだろう…?

f:id:treedown:20170802180441p:plain
さっそくバックアップしたデータを復元すべく、パスワード管理のところにある「新規作成」をクリックします。

f:id:treedown:20170802180454p:plain
表示される画面のインポートを選択して、バックアップした「スーパーセキュリティ_バックアップ.db」というファイルを指定して読み込むことで、元の環境に復元されました。

f:id:treedown:20170802180538p:plain

 動作確認をしましたが、特に動作上問題はないようです。

Creators Update適用だけのはずが、スーパーセキュリティZEROの再インストールも必要になってしまい、予定よりちょっと作業がかさんでしまいました。一台だけだからよかったけど、複数台あるとちょっと一手間ですね。