treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

光回線の代理店が勧誘にきた話

今日は光回線の勧誘が、電話ではなく直接訪問してきて迷惑したので、同じ手に引っ掛からないよう願いを込めてご報告します。

最後まで読まなくても済むように、最初に申し上げておきたいことがあります。

インターネット回線で損や失敗したくない、と思っている方は電話勧誘や訪問販売でインターネット回線を契約するのは絶対に損ですし失敗します。
自分で、能動的に申込みするべきですし、能動的に申込みしたときの契約に際しては必ず解約条件や割引条件まで確認するべきです。(ケーブルテレビでも同様です。)
電話勧誘や訪問販売でインターネット回線を契約する際には必ずこの解約条件と割引条件で落とし穴があって最終的に損をします。(何度も相談された経験者は語る。)

もっというと、電話勧誘や訪問販売で「お得です」と言われて契約する額面は大体のケースで安価ではありません。価格.comなどで検索すると全く話にならない金額を(昨今ではあまり使わなくなった固定インターネット回線に対して)月々支払う事になります。

「お得です」という言葉は契約する貴方のお得ではなく、
訪問販売員が「我々代理店が得する」
という意味で「お得です」と言っているだけです。

さて、実際に訪問に来た販売員は何と言っていたのでしょうか。
訪問の第一声
訪問「フレッツ光をお使いですか?いま料金がお安くなります。」
いきなりこれです。
私「まず貴方誰なんですか?」
当然ですよね?呼び鈴鳴らして戸を開けて、いきなり"フレッツ光をお使いですか?"はないものです。絶対友達になりたくないタイプです。
訪問「私ですか?この辺を回っているフレッツ光代理店のものです。」
フレッツ光の代理店、というのが全く持って意味不明です。この方、日本語も不自由なようです。NTTの代理店というのなら話は分かるのだが。NTTの代理店orフレッツ光の販売店、と言ってくれないかと思います。
訪問「今日、料金がお安くなることが決まったのでそのご連絡に来ました。」
また意味不明なことを言い出してきます。まず誰が決めたんだよ、それ。当然疑問に思うことがありますよね?単刀直入に質問してみましょう。
私「なんで分かるんですか?」
その答えはこちらの予想をはるかに上回る、奇天烈な答えでした。
訪問「"分電盤"が新しくなりましたので、料金が安くなることになりました。その説明です。」

はい、決定。これは話を聞いたらダメなヤツです。

料金が安くなるのは既存の料金が分かっているから料金が安くなる、ということが言えるんですよね。いま契約している料金が分かっていないのに"料金が安くなります。"と断言するのはどう考えてもウソです。

もっというと、この説明に"分電盤"と言っています。分電盤新しくして光回線の料金が変わるわけないでしょうが。
分電盤、ご存知ですか?
漏電ブレーカーと安全ブレーカーが納められている、電源設備です。
言うなら"転用"とか、"光コラボ"とか、もうちょっとまともな言い訳考えてきてくれよ…。

さらにいえば、MDF(共用部)より向こう側の設備がどれだけ新しくなろうが、1コンシューマ(消費者)であるこちらの知ったことではありません。それによって料金が変わるなど上手いと勘違いした理由付けをしている態度には吐き気がしてきます。

ちなみに対象のマンションはVDSL方式です。なので、光の設備が変わっても結局VDSLで各戸へ分配されるので、いくら光の設備が変わったといわれても"所詮VDSLなので乗り換えるほどのメリットが無い"ことがほとんどです。
ようするに光ギガと言われてもVDSL方式がボトルネックになって最大速度は100Mbps(理論値)、速度など出ないのです。
建物の目の前まで来ているダークファイバーがギガビットになろうが光ネクストハイスピードで200Mbpsになろうが、結局途中がメタル回線(VDSL)の時点で恩恵なしです。
なんどか電話でNTTの代理店とかSo-net代理店を名乗る会社から「お使いのマンションでギガ速度の光回線が使えるようになりました」と、何度も勧誘の電話を受けましたが、全部お断りです。
知らないと思って大嘘つくな、って感じです。
ギガ出ない建物にギガ回線売り込むなよって感じです。
こういう速度も速くならない、付加価値もない、で料金プランだけは(もともと料金のベースはギガ(1Gbps)プランだから)値段が上がる、ものを堂々と
「オススメデス!!」
とか言って勧誘してくる販売員の気がしれません。
(ちなみに今日の訪問もこの電話勧誘してきた代理店の1つと同じ会社名でした。)

訪問「ご主人様のお部屋では光回線をお使いですか?」
私「あの、これ、何の話なんですか?」
訪問「いえ、ですから、料金がお安くなるんですよ。」
私「でも私の料金知らないんですよね。」
訪問「知らないです。」
私「じゃあ、なんで料金が安くなるって言えるんですか?」
訪問「ですから~。そこの分電盤が新しくなって光回線が新しくなったので、お安くなるお宅へこうしてご連絡させていただいているんですよ。」
私「意味が分からない。」
訪問「お宅はタイプ1ですか?それなら…(なんかBフレッツのプラン1、プラン2の説明をゴニョゴニョ言っているような風だが覚えていない。)」
私「言ってる意味が分からない。」
訪問「いえ、タイプ1とタイプ2がありまして、コチラのマンションではタイプ1ですかね。」
私「これって何の話なんですか?メディア(回線)の話?プロバイダの話?」」
訪問「プロバイダは各ご家庭で個別に契約されていますから、今回お伺いしたのはその辺も含めてのフレッツ光がお安くなる、というご連絡に来ております。」
私「私の契約知らないですよね?」
訪問「タイプ1ですとお安くなります。」

と、こういう不毛な(こちらの質問にも答えない)やり取りをしばらくやらされてうんざりしてきた。
ようするにですね。(推測ですが)
訪問してきた代理店の販売員は、"インターネット回線の知識もそれほどなく興味もない"かつ"月々の料金を餌としてぶら下げて契約を自社(経由)契約に切替させる"という代理店ビジネスの会社なのだと推測されます。
代理店ビジネスは自社経由での契約をどれだけ取ったかが勝負で、契約取った数量によってインセンティブが入るという、有名なやつです。
なので契約者がどんな不利益被ろうが知ったことではありません。要するにダラダラと長々フレッツ契約して月額料金を支払い続けてくれる家庭(これを彼らはカモという)を探して日々狩りをする狩人です。

ただし、今日来た販売員は

  • あまりにも知識レベルが低い。
  • 会話が丸め込み型の会話(要するに自分のことしか言わない)でこちらの言うことに答えない。
  • 加えてインターネット回線が安価になる、という証明に該当するチラシや紙面を一つとして提示しない。
  • 何の会社かは知らないが自分の会社を証明する名刺、チラシ、文書、を何も提示しない。
    ※ちなみに、名札はチラ見せで提示していました。会社名がいくつもあって「君、どこの会社に勤めているの?」と言いたくなるような名札。

これらの状況から考えると、もしや代理店の代理店、孫請けのお使い、くらいの可能性は高そうです。(マージンのマージンでサラリーもらってるタイプですね。)

訪問「とにかくお安くなるご案内ですよ。」
私「もう一度、聞くけど、」
もう何回この質問をしたか知らないが、改めて言います。
私「こちらの月の料金を知らないのに、安くなるかどうかを断言できないよね?」
結局、訪問販売員はこの質問には最後まで答えません。(答えられるわけがないので当然ですが)
訪問「ですから~、このマンションの対象者の方へご説明しています。」
コチラの契約を知らないくせに"対象者"とは、聞いて呆れます。

飽き飽きしてきたのと、時間を無駄にされたことと、こちらがインターネット回線のことを知らないと思って小馬鹿にした態度にそろそろ怒りが込み上げてきました。

(静かに怒りを態度に出しつつ)お願いベースで、
私「言ってる意味が分からないから、そろそろ、帰ってくれる?」
訪問「(数秒静止)、失礼します。」

まずな、相手がどういう人間かは見極めてしゃべった方がいいよ、と思う。
私はこう見えても営業拠点開設やスタートアップ企業の立ち上げ、本社インターネット回線架け替え、をOCNエコノミー、OCNハイパー時代から、フレッツADSLBフレッツもUCOMも、手配して開通まで責任もって立会い、グローバルIP付け替えも何度もやっているし、メタルも光も、分電盤の設置もやっているからだいたいがどういうことか分かる、という状態の人に対して、これはないだろう、と思うわけです。

もっと言うと、契約取りたいなら、こんな丸め込みじゃなくて、ちゃんと製品がコンシューマにどんな恩恵をもたらすか、で勝負して欲しいと思うわけです。

はっきり言いまして、固定回線で光を使っている家庭の料金などというものはそれほど変わらないのですよ。なぜならすべての光回線を所有しているのはNTTだからです。
所有者はNTTである以上、どこでもNTTと契約してコンシューマに光サービスを提供する形なので、光の固定回線が月額として大幅に変わるということはありません。(初期費が大きく変わることはあります。また最近、「転用」といってNTTが光の卸(ようするに契約形態が変わってきている)ようなので、この知識は今年から改める必要がありますが。)
つまるところメディアとしての光回線はどこも大して変わるような値段では販売できません。変わるとしたら、プロバイダ料金か携帯キャリアで包括しているリミッター付きの光回線くらいのものです。
ただしこういう訪問販売や電話加入で契約をしてしまうと、月額は数百円程度安価になったとしても、解約金/違約金をがっぽり取られるビジネスの場合が多いので絶対に契約は禁物です。


皆さんもインターネット回線のトリックは十分ご注意ください。
特に、正常な判断を奪う契約手法には注意が必要です。

関連記事

後日別の業者から電話勧誘が来ました。

blog.treedown.net