treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

いきなりPDF from スキャナ 3がエラー

今日は、ちょっとしたTIPSです。
Windows10をCreators Updateにアップデートしてから「いきなりPDF from スキャナ 3」がうまく動作しなくなった、という現象をご報告です。

Windows10 Creators Update(たぶん)

以前にCreators Updateを実行したらスーパーセキュリティZERO再インストールになったという話がありました。

blog.treedown.net

実はソースネクスト製品のもう一つ「いきなりPDF from スキャナ 3」もうまく動作しなくなっていました。
しばらくスキャナ使ってなかったもので、気づきませんでした。

スキャンすると…

スキャナに紙面をセットしてスキャンを実行すると、一番最後の処理が完了した後に、

 

f:id:treedown:20170903031234p:plain

---------------------------
いきなりPDF from スキャナ 3
---------------------------
ファイル C:\Users\%USERNAME%\Documents\ScanBox\20170903022830.pdf を作成できません。

パスおよびファイル名が正しいか確認してください。
---------------------------
OK
---------------------------

こんなエラーがでます。

設定としては日時を使用しているのでファイル名は自動生成、保存先はドキュメントフォルダ内のスキャナ用フォルダを指定してスキャンしています。
Creators Update適用前まではこれで上手く紙面をスキャンしてPDFを生成していました。

しかしCreators Updateを適用してから初のスキャンを実行したら、無情にもエラー。
しかもエラーもなんだかさっぱり…。

とりあえずフォルダパスは間違っていませんし、そのフォルダの読み書きも特に問題ないのでパーミッションも問題ない、ってことで、全く原因不明。

原因は?パスの長さ?

ちょっと気になったので、フォルダを変えてスキャンしてみることにしました。
いままでがドキュメントフォルダだったのですが、これを「C:\TEMP」に変更してみます。
設定は「いきなりPDF from スキャナ 3」のスキャンモードの詳細設定の中に保存先フォルダを指定する欄があります。

ここを

f:id:treedown:20170903031340p:plain
から

f:id:treedown:20170903031353p:plain
へ。

変更後スキャンをしたらば、無事成功…。

…ユーザプロファイル内のフォルダを指定するとパスが長い、ってこと?

これは改善が待たれますなぁ。