読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

出先で眼鏡が壊れたときの応急処置

休日・余暇

眼鏡が壊れました。眼鏡がないと何も見えない…。
今日はこんな眼鏡が壊れたときの応急処置についてご報告します。

眼鏡ってそうそう頻繁に壊れるものではありませんので普段は意識しないのですが、壊れると困るトップランクの日用品です。
 掛けないと見えないし、
 壊れた状態で掛けると顔の位置を動かしただけで落ちるし、
と、いうことで、出先で眼鏡が壊れたときにちょっとした応急処置をする方法について記事にすると何かの役に立つかもしれません。

※注※この記事にある方法を実践されてお使いの眼鏡になにかあったとしても保証の限りではありません。ご了承ください。

壊れた眼鏡

何かとぶつかった、付け外ししたときに変に力が掛かってしまった、落とした、などなど…眼鏡が壊れる要因はいくつかあります。

例えば今回壊れた眼鏡、こんな感じです。ぽっきり折れています。

f:id:treedown:20160429153326p:plain

ちょっと拡大、本来折り畳みになるつがいの部分が折れてしまったので片方が掛けられなくなっています。

f:id:treedown:20160429153339p:plain

修理代のことを考えると気が重いです。

使う材料

使う材料は、クリップです。

f:id:treedown:20160429153422p:plain
紙をはさんでまとめておく何の変哲もないクリップです。
これを加工して眼鏡の折れてしまった部分をうまく応急処置します。

やり方・作業中の図

クリップを伸ばしてうまいこと巻きつけていきます。
無理して眼鏡を壊さないように注意しましょう。
コツは大きすぎず小さすぎず、程よく巻きつけていくのがコツです。
大きすぎるとズレてしまい掛けたときに曲がってしまいます。小さすぎると今度はフレームが擦れてしまい傷になってしまいます。程よく巻きつけましょう。

f:id:treedown:20160429153612p:plain
途中でうまく曲がらなくなってくるのでラジオペンチで形を整えています。出先にラジオペンチなんかないよ、という声が聞こえてきました。

f:id:treedown:20160429153632p:plain

応急処置なのでラジオペンチで形を整えなくてもそれなりに接合出てきていれば大丈夫です。クリップ一本でグラグラになるようでしたらば、クリップを二本使って一本目の巻き付いた接合部を補強するように二重で巻きつけるようにすると多少耐久性が増します。
また、失敗して折れてしまったとしても、所詮はクリップ。その辺で余っているクリップを使ってリトライも可能です。ただし眼鏡を壊してしまうとリトライどころの話ではないので注意しましょう。

完成しました。

完成図はこんな感じです。

f:id:treedown:20160429153907p:plain
この写真ではクリップ二本で補強しています。掛けてもずり落ちなくなりました。折りたたんでメガネケースにしまうことはできませんが、掛けている分にはそれなりに使えないこともないです。

とりあえずのところはこれで何とかしのげそうです。

あくまでも応急処置なので、修理はお買い求めの販売店へ…。