treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

VPN経由で共有フォルダが少ししか見えなくなる現象

VPN経由でファイルサーバの共有フォルダにアクセスすると、稀に共有フォルダが見えなくなる、と言う現象が発生することがあります。

今日はこの原因と対処方法についてご報告します。

きっかけは、モバイルユーザ

モバイルユーザの一人が「共有フォルダにアクセスするとフォルダが一個だけしか見えないんです。」と言っています。なんですと?

早速見てみると、ファイルサーバを開けば共有フォルダは一つしか見えません。いつもはいくつも出てるのに。
唯一表示されている共有フォルダを開けば、フォルダが一つしか見当たりません。

でそのフォルダを開けば、またファイルが一つ…。
図:フォルダもファイルも少ないの図(画面はイメージです)

f:id:treedown:20160705170750p:plain

「これ、なんの基準ですの?」

静かな部屋でユーザの声がこだましました。

調査開始

これ、実は昔のWindows7全盛の時期に別の環境で対処したことがある事象に似ていました。
このため、ちょっと確信はないけど、その時と同じ、と言う仮説のもとに、それを立証するための検証で確認します。
まず、ファイルが一つしか出ない、と言う現象はVPN経由でしか出ないはず、なので社内の無線LAN(AP)やLANケーブルで社内LANに接続したら出てくるはず、ということで早速接続してみました。
無事、正常な表示になりました。
図:これが正常な表示、の図(画面はイメージです)

f:id:treedown:20160705170803p:plain

「おぉ、元に戻りましたね。直ったんですか?」
ユーザは感心したように安堵のリアクションをしてくれます。データが消えたように見えますから、さぞドキドキだったことでしょう。

でも、トランキーロ、焦りなさんな。

この設定ポイントは「同期センター」です。画面がWindows8.1でしか取れなかったので画面はWIndows8.1ベースで。

対処

通常は同期センターには何も表示されません。
図:同期センター(同期なし)

f:id:treedown:20160705170941p:plain

ですが同期フォルダが存在するときには、同期対象となっているフォルダが表示されます。
図:同期対象フォルダが存在する場合

f:id:treedown:20160705170954p:plain

つまり、表示として同期パートナーシップにフォルダが表示されていれば、そのフォルダが同期パートナーとして登録されていることになります。
で、ここからがポイントですが、同期パートナーシップが設定されているWindowsではVPN経由でファイルサーバに接続している場合に、帯域が足りないとか通信速度が遅いとか応答遅延が大きいとか、そういう判断をWindowsが勝手にしてしまい、ファイルサーバへの接続待ちをせずに、オフラインで利用可能な同期フォルダだけを表示する、と言う動きをします。
条件は分かりませんがWindowsが判断してしまうようです。遅くてオンラインってのは使えないと判断するんですね。

切り分け、といいますか簡単な対処として、
「オフラインファイルは使わない」
という設定をすることでこの動きが原因でVPN経由での共有フォルダ表示に影響しているかどうかを確認できます。
確認箇所は前出の「同期センター」画面で左ペインの「オフラインファイルの管理」というリンクをクリックします。
そうすると、この画面が出ます。
図:オフラインファイル ウィンドウ

f:id:treedown:20160705171016p:plain

画面中の「オフラインファイルを無効にする」ボタンをクリックしてオフラインファイルを使わないようにしてしまいます。(UACが動作しますので、要管理者権限です。)
無効にすると、表示が変わります。(見落としそうですが)
図:オフラインファイル無効のウィンドウ

f:id:treedown:20160705171027p:plain

ボタンの表記が「オフラインファイルを有効にする」に表示変更されています。注意書きに「オフラインファイルは無効化されていますがアクティブです。オフラインファイルを非アクティブにするには、このコンピュータを再起動してください。」と表示が出ています。
そこでコンピュータを再起動します。

解決?原因は?

こうして再起動したPCではVPN経由でも共有フォルダの表示が適切に(すべてのフォルダが表示されるように)なりました。
早くユーザにPCを返却してあげたかったのでいったん対処はここで終了ですが、

これなんで起きたんでしょう?

推測でしかありませんが、ファイルサーバ上のファイルを右クリックしたときに、誤って「常にオフラインで使用する」という箇所を選択してしまったんじゃないかと考えられます。
この動作自体はユーザ権限でできますし、右クリック表示ではファイルでもフォルダでも「常にオフラインで使用する」は表示されます。
試しに共有フォルダ上のフォルダを右クリックしてみましょう。
図:フォルダ右クリックメニュー

f:id:treedown:20160705171102p:plain

あります。次いでファイルも右クリックしてみましょう
図:ファイル右クリックメニュー

f:id:treedown:20160705171112p:plain

やっぱあります。
たぶんこれを間違ってクリックするようになってしまったんだと思います。
これをクリックしてしまうと、オフラインウィンドウが表示されます。これが出てしまうと、同期センターにオフラインフォルダ(ファイル)が登録されてしまった、ということになります。
図:オフラインサービスが開始されましたウィンドウ

f:id:treedown:20160705171126p:plain

(モバイルでPCを利用する)VPNユーザでこれをやってしまった場合には、システム管理者へ相談してオフラインファイルの無効化を設定してもらうよう、作業依頼することをお勧めします。

いざ出先でVPN接続したのに共有フォルダが見えない、なんてことがあったら、切ないですものね。