treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

※https化しました。その影響でしばらくリンク切れなどがあるかもしれませんが徐々に修正していきます。 リンク切れなどのお気づきの点がございましたらコメントなどでご指摘いただけますと助かります。

Winampが復活する、という噂は本当だった

知ってる人は知っているメディアプレイヤーアプリの定番Winamp。
90年代から2000年代初頭にかけて定番とされていたアプリケーションが沈黙を破って復活、という話題をご報告。

ソースはコチラ。

Winamp復活で思い出す、嫁ぎ先で変わる運命 - ITmedia NEWS

この記事を見て、ちょっと調べてみたら、もうリリースしていたよ、って話題。

Winampってなに?

平たく言えば、音楽プレイヤーです。Windows Media Playerの音楽だけを再生するソフトウェアだと思えばOKです。(※知らなかったけど、のちのバージョンでは動画再生にも対応したバージョンが出ていたそうです。)
Windows95/98やWindows2000が主で使われていた時代には「音楽再生ならWinamp」というくらいWindows上では定番の音楽プレイヤーでした。
上記OSを利用していた時代に私も利用していましたねぇ。なつかしい…(しみじみ)
私はフリーウェア版しか利用したことはないのですが、周囲には何人かプロ版を使っている人もいたのを記憶しています。

いつの間にかPCで音楽を聴かなくなっており、Palm(CLIE)で音楽を聴くからOpenMG Jukeboxってソフトを使うようになって、のちにこれがSonic Stageってソフトに変わりまして、で、CLIEが(母艦となるPCとSyncできなくなって)限界を迎えて携帯電話で音楽を聴くようになっていたため、PCの音楽プレイヤーはそれほど重要でなくなっていました。

なんとなくフェードアウトして使わなくなっていたWinampでしたが、先週末となる
2018年10月19日
新たなベータ版の公開を実施したそうです。なつかしい。

新バージョンはv5.8

v5.666の最終提供が2013年なのでほぼ5年ぶりの新バージョンリリースとなったWinamp。
どうも非公式ビルドがネット上に流出したために公式サイトでベータ版としてv5.8のリリースに踏み切ったという事らしいです。とはいえ、リリースはリリース。新しいWinampの再始動として歓迎したいリリースです。

トップページ<https://www.winamp.com/>からダウンロードボタンワンクリックで、インストーラがダウンロード可能です。フォームへの登録なども不要ですし、気軽にインストーラを入手できます。(ベータ版ですけど)
トップページのダウンロードボタンの箇所に上述した流出の話が記載されています。ちょっと日本語にしてみました。(間違いあるかも。)

Winamp 5.8のリークされたバージョンは、最近インターネットで流布しました。 その結果、自身で改訂した新しいバージョンを提供することにしました。
従って、我々は使用しても安全であることを保証したバージョンをダウンロードするようにお勧めします。
このバージョンは進行中のプロジェクトと異なりますが、我々は現在未来の新しいWinampに取り組んでいます。スクロールして確認してください。

こんな感じ。リークされた(非公式な)配布バージョンを使わずに、公式から配布したバージョンを使ってね、ってことと、将来的にWinamp新バージョンの提供を示唆する内容となっています。うーん、ちょっと楽しみじゃないですか。

試しにテスト環境として利用しているWindows10 Proの1803にインストールしてみることにしました。

f:id:treedown:20181022185744p:plain
動画再生機能などは省いて最小(Lite)インストールでインストールしてみました。むむ、いい意味で昔のままと言えそうです。

そういやMP3の特許が消滅したって?

直接関係ない話題ではありますが…
Winampで主に再生していた音楽ファイルのフォーマットはMP3です。
拡張子.mp3のファイルがそれ。
MP3は2017年に特許権が消滅し特別ライセンスを用意することなく自由に利用できる技術となりました。いわゆるパブリックドメインとしてライセンスの制約なく自由に利用できる技術となったのが現状のMP3と言えます。
こうなると、オープンソースソフトウェアでの採用が増えそうな感じがします。現在音楽ファイルとしては主流のAACやちょっとマイナー寄りだけどWMAとか、SONY好きな人以外には全く分からないATRACとかに比べれば、
「現状世の中にとても普及していて、かつ自由が約束された音楽ファイルフォーマット」
としてはMP3は非常に使いやすい存在になっているのではないかと思います。(いや、昔から一番扱いやすいのはMP3だったと思う。)

なんか、こう、いろいろと、時間の流れを感じてしみじみしますね。あらためて自分が年を取ったなぁと実感します。