treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

ThinkPad T61でプチフリーズな症状が

ThinkPad T61をWindows10化して調子が悪くなってしまったのですが、結論として「実は故障でした」という内容のご報告です。

故障じゃあしょうがないなぁ、ということですが、たどり着くまでに時間が掛かってしまったのが反省ポイント。

症状

PCを操作していると、マウスカーソルの動きが数秒止まって、また動き出す、という状態、

f:id:treedown:20180406164203p:plain
別段システムが重たくなるようなプロセスもアプリもないし、Windows Updateがバックグラウンドで動作しているというわけでもない、にもかかわらず、数秒とはいえマウスカーソルを動かすのに支障をきたすくらいの動作の引っ掛かりを見せていました。

昔のSSDにはプチフリーズ(プチフリ)という固有の症状があって、それと似たような症状だったのですが、2018年現在のMLC規格のSSDでOSがWindows10、という状況でプチフリもないだろう、ということで不思議がっていました。これは何だろう、と。

確認作業

一応SSDやメモリのチェックをするも全て正常という判定、Windows Updateの更新失敗や変なKBが入っているというわけでもないし、世の中的にも○○を適用するとこの症状になるよ!みたいな話も見つからない、最新のドライバはないけど、一応Windows10のアップデートで適用されたドライバをちょいちょい入れ替えてみても症状に改善はなし、というところで手をこまねいていたところ、原点に立ち返り、イベントビューアの確認、なんか警告がたくさん?
ソースNDISの警告は全て同じ警告でした。

f:id:treedown:20180406164242p:plain
-------------------------------------------------------
ネットワーク インターフェイス "Intel(R) 82566MM Gigabit Network Connection" はリセットを開始しました。ハードウェア リセットの間にネットワーク接続が一時的に中断します。
理由: The network driver detected that its hardware has stopped responding to commands。
このネットワーク インターフェイスは、最後に初期化されてから 24 回リセットされました。
-------------------------------------------------------
Intel(R) 82566MM Gigabit Network Connectionは確かにこのThinkPad T61で認識しているオンボードNICです。で、現在LANケーブルを接続して有線LAN環境で利用中なのですが、なんか問題が起きているようです。
「The network Driver detected that its hardware has stopped resonding to commands.」(※ネットワークドライバが、ハードウェアがコマンドに応答しなくなったことを検出しました。)とイベントログ内では主張していますから、NICが応答しなくなってリセットした?ということじゃないかと。

そういえば…、と思い試す

エラーが発生した回数と、マウスカーソルが微妙に動かなくなったときは被ってるなぁ、と思ったので試してみることにしました。

簡単に言えば、有線LANを利用せず無線LANを利用して、オンボードNICを使わないようにしたらどう?という単純なものです。

オンボードNICが故障している、ということだとそれはそれで別の意味で難儀してしまいますが、ひとまず状況の把握も必要ですし、切り分けの一環として。
もし無線LANでも同様に症状が発生するようであれば、このPC内の問題確認の範囲を拡げなきゃいけないのですが、無線LANに切り替えて症状が収まるようならば、有線LAN(オンボードNIC)が原因だという事になります。

さて、試した結果は、

無線LANを利用すると、全く症状がでなくなりました。
つまり、有線LAN(オンボードNIC)の故障(たぶん)がほぼ確定しました。

うーん、オンボードNICの調子が悪くなると、プチフリのような症状が出るのか…、こんな症状は初めて見ました。