treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

3月のWindows Updateで久々に不具合が

最近管理下の環境ではWindows Updateで不具合は出てこなかったのですが、久々にはっきりした不具合が出てきましたのでご報告します。

対象の不具合とは

その不具合は、3月のアップデートが適用されてから、ちょっとづつ出てきました。

「なんか、無線LANに繋がらないんですよね。」

という話を聞いて、PCの設定を見ればSSIDの設定が空っぽ…。こうしてSSIDを手動設定(バッチ化してあったからバッチで実行)することに。

f:id:treedown:20180326230055p:plain
※イメージ図

確かにここにあったはずなんだけどなぁ…?

すると別のPCでも同じ症状が発生、またしてもSSIDの設定が空っぽ…?再びバッチファイルで設定。

「これ、いったいなんですの?」

そうですよね…、気になりますよね。
キッティングではもれなく入れていた無線LANのSSID設定、つい昨日まで使われたいたはずの無線LANが突然使えなくなる、という現象。

調べてみることにしました。

たどり着いた情報

現象の発生直後では情報は少なかったのですが、しばらくすると有力な情報を見つけました。

3 月の更新プログラムを適用すると無線 LAN,有線 LAN 利用時に問題が発生する (Windows 7 / Windows Server 2008 R2) – Ask the Network & AD Support Team

これによれば、

  • KB4088875
  • KB4088878

のいずれかを適用することで、無線LAN(有線LANも)の利用に問題が発生するそうです。

で、このブログの記述によれば、問題として発生する事象は…

  • NICに設定した(たぶん静的設定した)IPアドレスが初期化されDHCPを利用するように変わってしまう。(たぶん初期化)
  • ステルスモードを利用している無線LANのSSIDへ接続するための無線プロファイルが表示されない(たぶんなくなるということ)
  • 無線LANアダプタの無効化、利用できない症状

これらがWindows7とWindows Server 2008で発生するということらしいです。(※Windows Server 2012以降のOSで発生するかは不明とのことなので、おそらくWindows8.1の影響もまだ不明、という事だと思います。実際当方の環境ではWindows7のみで発生しており、Windows8.1では発生していません。)

確かに、ステルスモード…使ってますね…。
ものの見事にステルスモードを利用している無線LANへのSSIDの無線プロファイルがきれいさっぱりなくなっていますので、この現象に該当しているのはほぼ間違いないだろうと、いう結論に達しました。

SSIDがフッと消えるKB

この2018年3月、Windows7を利用するうえで気を付けておきたいWindows UpdateのKB番号は、

KB4088875
KB4088878

の二つです。無線LANのSSIDが消えるという症状がでました。
他にも(当方では出ていませんが)無線LANのNICが無効化されるという症状もでるようですから、管理PCにWindows7が多ければ対処に追われてしまうようなこともあるかと思います。SSIDはユーザ権限で追加できますが、無線LANのNIC有効化は管理者権限が必要になりますから、ユーザに管理者権限渡すわけにも行かないし…。

久々にちょっと重たい不具合が出てしまいましたね。Windows Update、不具合を修正したアップデートのリリースへ向けた動向を注目したいと思います。

※2018年4月5日追記:
不具合を対処する更新プログラムがリリースされました。
詳しくは↓こちらまで

blog.treedown.net