treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

(1/2)ボリュームライセンスの発行で問題が起きてるらしい

今日は昔ながらのオープンライセンス、いわゆるMicrosoftのボリュームライセンスプログラム、についてです。
なんか最近(2017年11月-12月)不具合が出ているらしい、という話。

それはPCのキッティング作業を実施しているときに遭遇しました。あとはOfficeのインストールだけだ、という状態になったところでオープンライセンスの登録完了を待っていたときでした

購入したライセンスが使えない?

購入したOfficeのライセンスが使えるようになったようで、いつも通りVLSC登録メール(Subject: マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) にようこそ)のメールを受け取ったのち、さっそくVLSCサイトにアクセスしましたところ、いつもと違っていました。

その違いは、プロダクトキーを表示する画面にて

f:id:treedown:20171219143955p:plain
「ボリューム ライセンス キーが見つかりませんでした。お客様のご契約に、ボリューム ライセンス キーが含まれていない可能性があります。詳細につきましては、お客様のパートナーまたは販売店にお問い合わせください。」

と表示されています。いつもならこの画面に使用可能なライセンスアクティベーションキーが表示されるはずなのですが、無情にもエラーメッセージ。
しかも、
「お客様のご契約に、ボリューム ライセンス キーが含まれていない可能性があります。」
そんなわけないでしょう、フルライセンスの購入なんですから。

ステータスはActiveの表記だし、購入日は2017年12月某日、きっちりフルライセンス数という欄に購入したライセンス数の数量が表示されています。これでボリューム ライセンス キーが含まれていない、とか言われたら…、なんだかもう涙目です。目頭が熱くなる思いです。大丈夫、涙は心の汗です。そう自分を言い聞かせます。

ライセンスについては最近一つトラブった(ブログ記事にできないのですが)ときに散々苦労して疲弊したのもあって、かなり警戒してしまいました。

身構えながら、さっそくリセラーに質問。

リセラーの答えがイマイチ

最初に症状と、なんか起きてるんじゃない?という話を持ち掛けて、得た回答は

「MSからメールが届いたとしても、弊社側のシステムでは明後日の納品予定というステータスになっているから、明後日もう一回アクセスしてください。」

と、ツレナイ返事。
でも今まではVLSC登録メールが来た時点で既にライセンスの情報は反映されていたんですけど…。

「でしたら、弊社以外から注文したものと混同していると存じます。」

いやいや、そんなわけないでしょう。だって他で注文なんてしてないんだから。

「じゃあ、明後日を過ぎたところででも状況が変わらないなら、もう一度連絡ください。」

ツレナイなぁ…、ツレナイ返事にまたしても目頭が熱くなる思いです。大丈夫、涙は心の汗です。そう自分を言い聞かせます。指定された通り、待つことにします。

というところで待ってるのがこの記事を書いているとき現在、それが明後日どうなったかは次回へ。