treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Windows10が動作するPentium4を検証

Pentium4、一時代を彩ったCPU、2000年代前半ではどのデスクトップにも入っていたPentium4。

そんなPentium4でWindows10をインストールし、起動を確認する、という試みをご報告します。

インストールできるPentium4

実は大部分のPentium4はWindows10が入らない、と思っていました。確かにいくつかのPCで試した限りではインストール時にPAEチェックやNXビットのチェックなどで弾かれてしまい、インストーラが先に進まない、という状況に陥ります。
しかし、ある世代から上のPentium4で一部のモデルはWindows8.1なりWindows10がインストールできます。実用に耐えうるかどうかは別としてです。
そのある世代とはPrescott(プレスコット)のLGA775版以降の一部モデルではPAEやXD-bit対応などがされています。

ふとなにもやることがなくなっていた「ThinkCentre A52(8289-49J)」が転がって居ました。
結構前のモデル、WindowsはXPが標準搭載Service Pack 2の時代のPCです年代物。
プロセッサは「Pentium4 プロ セッサ 521」とあります。
クロックは2.80GHzではありますが、ハイパースレッド(Hyper-Threading Technology)対応の(当時なら)ちょっといいヤツ。

実はこれにWindows10がインストールできます。
早速動作確認のため評価版をダウンロードしてOSの動きを評価してみることにします。。

評価版のWindows10をダウンロード

Windows 10 Enterprise | TechNet Evaluation Center
URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-10-enterprise

今回は
「Windows 10 Enterprise LTSB 2016 | 32-bit ISO」
をダウンロードすることにしました。スペックが低い、新機能が追加されるCBやCBBには耐えられない、Pentium4のPCではストアアプリやMicrosoft Edgeなんかもどうせ使わないor使えないだろうし。

早速ISOを用意したら、インストールメディアを作成して、インストールしてみました。
※)ちなみに64ビット版のWindows10をインストールしようとISOを用意して試してみたら、インストーラの最初の起動時に再起動を繰り返してしまい、インストールはできませんでした。このPCでは64ビット版のWindows10はインストールできない、という結論に。

インストール完了。

対象PCである「ThinkCentre A52(8289-49J)」では、CPU以外のハードウェア構成としてメモリ2GB、HDDは80GBのSATA1.5Gbpsで動作しています。
とりあえず、LTSBとはいえWindows10がインストール完了し、システムのプロパティではプロセッサ欄に「Intel(R) Pentium(R)4 CPU 2.8GHz 2.79GHz」の表記が確認できます。

f:id:treedown:20170905181005p:plain

これを標準の状態としてWindows10がどれくらい動作するか見てみました。

起動直後は

f:id:treedown:20170905181304p:plain
結構CPUが回っています。

f:id:treedown:20170905181331p:plain
OS起動後から数分は落ち着くまで何もできません。しばらく待っていると…

f:id:treedown:20170905181420p:plain
落ち着いてくれます。

とはいえ、動作は基本的にもっさりしています。何をするにしてもキビキビ動くわけではありません。その割にはPentium4の消費電力は高いですし、このThinkCentreも最大186W、標準で61Wの電力消費があります。電気代を喰うわりにそれほど動作は快適ではありません。
Windows Updateを実行しようもんなら、CPU使用率は100%でへばりつき、他のことは何にもできなくなります。当然ですが、Windows10として常用するにはかなりつらいスペックということです。

しかし最低限インストールはできて、OSは動作する、ということまでは確認ができました。

雑学

実はCore iプロセッサとなった現在の世代でも細々とPentiumプロセッサは生き続けています。例えば「HP ProLiant MicroServer Gen8 サーバー」のモデルには、「インテル® Pentium® プロセッサー」搭載モデルが存在しています。

www.hpe.com

Pentiumプロセッサ、いまだ現役。優秀ですね。