treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

WordPressでSFTP必須にしたら、いまいち伝わらなかった昔話

ちょっと前の話ですが、リアクションもらいました。
読んでくれてありがとうございます、とブログで話題にしていただいてありがとうございます。

読むと分かるのですが、こういう話って、けっこうあるあるなんですね。

koritawa.hateblo.jp

koritawa.hateblo.jp

DzyyVO46さん二回も言及していただきましてありがとうございました。

実は似たような話、もう一個あるんです。

実はですね。もう一個似たような話のストックがございまして…。

WordPressの設定をして他社に提供した時の話です。時はWordPress4.0時代の昔話…。

「FTP接続できませんよ!」

という問い合わせがやってきました。正確には提供先のさらに向こうに居る協力者であるパートナー企業の設定屋さんが接続できない、って言ってるそうなんですね。
あれ?でもこっちでは接続できますよ。どうしたんでしょうか?

「WordPressでプラグインのインストールを実行しようとしてエラーになるらしい。」

えー?WordPressですか。それもこっちではできていますけどねぇ。もうちょっと詳しくどんなエラーとか聞いてますか?

「なんかねー、よく分からんですけど、エラーになるらしいんですよねー。
これ見たらわかります?」

と手渡されたのは一通のPPTファイル、…PPTファイルか…。

開いたPPTファイル、そこには実際の操作とエラーが出ている画面がいくつか貼り付けられていました。

詳細を見てみると

その時は「SSH SFTP Updater Support」というプラグインを入れてSFTPでインストールやアップデートを実行するようなWordPress環境を用意して運用していました。
なんか冒頭からFTP接続って言ってるしなぁ、と思っていたら…

ああ、やっぱり、そういうことなのね。

ユーザ名&パスワードは間違っていないんですが、ホスト名の指定と接続形式が誤っていました。このときはホスト名に「hostname.domain:SSHポート」例えばホスト名がhostname.hoge.comのデフォルトSSHポート番号なら「hostname.hoge.com:22」という具合に指定しなきゃいけない、ってのがあって、なおかつ接続形式には「SSH2」を選択しなきゃいけない、っていう、いまのWordPressから考えるとちょっと分かりにくい指定が必要でした。それがどうも
ホスト名: hostname.hoge.com
接続形式: FTP
で接続しているもんだから、FTPユーザとかFTPパスワードが正しい入力でも残念ながらエラー
「FTPサーバーhostname.hoge.com:21への接続に失敗しました」
というエラーメッセージが出て再度入力画面になってしまうという。

接続情報は送ったんだけどな…、と思いながら、再度画面キャプチャ付きで送り直すようにします。

f:id:treedown:20170717123639p:plain
こんな感じの画面を付けて、改めて接続情報を列記して、ホスト名にポート番号付けてね、しかもSSHのポート番号はデフォルトから変えていますからね、接続形式はSSH2を選んでくださいね、といった注意点を強調してアピールしておきます。

いざ、送ったら、「先方に渡しておきますんで、何かあったら連絡しますわ」みたいな感じ。でもそこから全然問合せが来なかったんで、きっとうまくいったんだろう、と、こちらで判断し本件はクローズ。

教訓

テキストの一覧表記で接続情報は送っていたんですけどね、どうもピンとこなかったようで…。
実際の設定画面の画面キャプチャを引き渡すと(たぶん)うまく出来た(模様な)ので、ビジュアルに訴えかける、ってのは大事なんだなぁって思いましたとさ。

ご参考:この辺の記事から本記事に繋がっています。

blog.treedown.net

blog.treedown.net