treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Lenovo H320のメモリ増やしてね

と、いうわけで、増設しました。
Lenovo H320を利用しているユーザからメモリ不足によるフリーズやアプリケーションの強制終了の報告があってメモリ増設のご依頼。
今日は対象の機器「Lenovo H320」のメモリ増設についてご報告します。

Lenovo H320

Lenovo H320が世に送り出されたのは2010年、それから7年も経っています。結構経ちましたね。
しかし、まだまだPC時代は元気いっぱい、絶賛稼働中です。壊れる気配もなく大変助かりますね。
しかしメモリが不足する処理がいくつかあるらしく、購入時に標準搭載されているメモリ4GBでは足りないケースが出てきました。そこで増設です。

買う前に、まず、今のメモリ観察

いま、搭載されているメモリはDDR3です。PC3-10600Uという記載が見えます。
この2GBメモリが2枚、4スロット中2スロットに搭載されて合計4GBのメモリで動作しています。

f:id:treedown:20170619141437p:plain

標準搭載のメモリでは裏にもチップが搭載されています。

f:id:treedown:20170619141640p:plain
上から見たところ、両面のチップがあるのがなんとなく分かります。

f:id:treedown:20170619141652p:plain

公称(サポート範囲内)のメモリ容量は最大8GBなので、同じ2GBのメモリをあと2枚足すことで8GBで動作させることができるようになります。

早速購入

Amazonで購入したのはトランセンドの2GBメモリ。そんなに高くなく、2枚買っても5000円でお釣りが来るくらいの価格です。

トランセンドの型番で「TS256MLK64V3N」となっているメモリがLenovo H320で動作するメモリとなります。

まったく同じメモリ、というわけにはいきませんが、動作確認が取れているメモリ、ということもあって安全策でこのメモリに決めました。早速購入。

搭載

途中の待ち時間は置いといて、早速届いたメモリを搭載。

f:id:treedown:20170619142004p:plain
古すぎるメモリは世の中からなくなりますからね。なくなる前に購入出来てよかったな、と思います。
早速PCに搭載。

f:id:treedown:20170619142019p:plain
よく見るとスロットが緑色と青色で色分けされています。デュアルチャンネルとかで同色に同一メモリを搭載してね!ってことなんでしょうか?一応青色のスロットが両方空きスロットとなっていましたので新しく購入したメモリは青色スロットに二枚搭載しました。
ちなみに

メモリーの問題のトラブルシューティング - デスクトップ 全般

こういう情報もあります。※URL:https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/migr-52277

このリンク先に、デュアルメモリを有効化するための要件が記載されています。
ここに、「対のスロット」という表記があり、スロットは「1と3」「2と4」というペアだよ、と思しき表記があります。
なので見た目の色もそうですが、1スロット飛びで利用するというメモリの挿し方で間違いないようです。

さっそくmemtest86+でメモリチェックです。

f:id:treedown:20170619142131p:plain

時間の都合もあって三周ほどでテスト終了しましたが、エラーは0で問題なしと判断してよさそうです。

これで8GBで稼働させることができます。CPUもCore i5だしまだまだ戦えるPCですね。

Lenovo H320を使っている人は決して多くないと思いますが、結構いい機械です。扱いやすい昔ながらのデスクトップ、という印象。
メモリ増設で公称値で最大メモリまでパワーアップ、末永く使えるとイイですね。