読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

いよいよ終了、FirefoxのFlash NPAPIサポート

セキュリティ 気になったニュース

3月は卒業の時期、ですね。
Firefoxの世界でも3月に卒業してしまう機能があります。
それがNPAPIプラグインのサポートです。

直接の影響=Flash

FirefoxのNPAPIサポートでまず真っ先に思いつくのがAdobe Flash Playerのサポートです。
気になりますね。実は今年の1月にこの辺の話はFirefox側から公式にアナウンスされていました。

Firefox の各機能サポート終了予定(2017年)について | Mozilla Japan ブログ

「NPAPI プラグインのサポート終了」という記述によれば、2017年3月で通常版FirefoxではFlash以外のNPAPIプラグインのサポートを終了、と明言されています。

しかしFlashを含めて一部環境ではこの一斉プラグインサポート終了から、ちょっと違った扱いになるようです。
それは…

但し例外あり

まずFirefox ESRのユーザは2018年中頃までのサポート、ということは後1年ちょっとは猶予があることになります。使う側としては助かりますね。Firefox ESRさえ使っていれば今の課題を先送り(棚上げ?)できる、ということになります。
この他、Flashプラグインについても別途名言されているのが「Flashプラグインのコンテンツを有効化するために、ユーザが明示的にクリックする必要がある」ようになる、という点です。つまり、裏を返せば「ユーザが許可すればFlashプラグインのコンテンツを有効にする方法は残されている」と受け取ることもできます。

スケジュール

いつ何ができなくなるか、気になりますよね?
プラグインサポートが終了するバージョンはFirefox 52で、このバージョンは先週の3月7日リリース済みです。
で、このFirefox 52でAdobe Flashを除くNPAPIプラグインのサポートが終了されました。要するにFlash以外のプラグインはJAVAもSilverlightも例外なく実行できません。で、ESRバージョンもFirefox 54がリリースされる前にFirefox ESR 52.0に移行することになります。ESRのバージョン52.0から一年間は52.0⇒52.1.0⇒52.2.0のようにメジャーバージョンはFirefox52と同じように利用することになります。おそらくこれがMozillaが明言している「Firefox ESRのユーザは2018年中頃までのサポート」を指していると考えられます。

と、いうことは今と同じ使用感を維持するためには最低限でもFirefox ESR 52に乗り換えるというのが必要になりそうですね。以前の機能や動作(挙動)を維持したい、と考えているユーザのFirefoxはもし通常版を利用しているのなら早めにESRに入れ替えておくのがよさそうです。

くれぐれもセキュリティ修正がなされない古いバージョンを使い続ける、という状況にならないようお気をつけを。