treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

1.8インチSSDの性能を見てみた

今日は昨日に引き続きまして、1.8インチSSDの性能を比べてみましたのでご報告します。

もしThinkPadをカスタムメイドモデルで購入してSAMSUNG MMCRE64G8MPP-0VAL1が内蔵されているようでしたら乗り換えの参考にでもどうぞ。

昨日の記事:

blog.treedown.net

いずれもCrystalDiskMarkで1GiBを5回で表示されたスコアで比較しています。

SAMSUNG MMCRE64G8MPP-0VAL1

搭載されているThinkPadはX200s上のシステムドライブとして計測しました。

CrystalDiskMarkの結果

f:id:treedown:20170222151602p:plain

シーケンシャルアクセス、マルチキュー&マルチスレッドで
Read 98.39MB/s、Write 81.77MB/sとSSDとしてはそれなりに数字が出ています。

ただ4kランダムアクセス(シングルキュー&シングルスレッド)のReadが11.62MB/s、Writeに至っては0.384MB/sとちょっと低いな、と思わせる値になっています。

これを軸にして別の機器を比較してみましょう

HITACHI HTS541680J9SA00(HDD)

HITACHI(HGST)製のTravelstarのハードディスク(HDD)です。
型番はHTS541680J9SA00、80GBのちょい古ハードディスクで決して性能が高いわけではありません。
これが搭載されているThinkPadはX60sと結構前の機種で、そのシステムドライブとして計測しました。

CrystalDiskMarkの結果

f:id:treedown:20170222151715p:plain

シーケンシャルアクセス、マルチキュー&マルチスレッドで
Read 32.56MB/s、Write 37.10MB/s、ハードディスクですからね、それなりの数字で収まっています。古いハードディスクなのでこれでもスピードはまあまあ出ている方ですね。

4kランダムアクセス(シングルキュー&シングルスレッド)では
Read 1.100MB/s、Writeは0.702MB/s、そもそもハードディスクはランダムアクセスが遅いのですが、古いハードディスクのわりには頑張ってくれています。

Transcend TS128GSSD370S

お次はトランセンド SSD370の128GB、今回の本命です。どれくらい性能さが出るか気になっていました。
SAMSUNG MMCRE64G8MPP-0VAL1と同じThinkPad X200s上のシステムドライブとして稼働しているSSDを計測してみました。

CrystalDiskMarkの結果

f:id:treedown:20170222151754p:plain

シーケンシャルアクセス、マルチキュー&マルチスレッドで
Read 277.9MB/s、Write 197.3MB/s
年代が違うから当たり前なのですが、一桁違いますね。同じSSDでもSAMSUNG MMCRE64G8MPP-0VAL1の3倍以上の性能を出してくれています。

4kランダムアクセス(シングルキュー&シングルスレッド)では
Read20.89MB/s、Writeは34.32MB/sと大変優秀な数字が出ており、これで遅いならストレージじゃなくてCPUのせいじゃないですか?って感じの数字です。

比較表

表にしてみます。

f:id:treedown:20170222151916p:plain

f:id:treedown:20170222151923p:plain

並べてみるとSAMSUNG MMCRE64G8MPP-0VAL1は「4KQ32T1」とあるランダムアクセス(マルチキュー&マルチスレッド側)の処理速度はHDDより速度が出ているので古くてもさすがにSSDと思わせる性能を出しているようですね。

月並みですが、古いSSDでもHDDよりはOSやアプリの起動にはアドバンテージあり、ということで。