treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

試してみた、CPUファン交換サービス

Fan ERRORがでました。ちょっとワケアリのPC、何が何でも直したいPC。
と、いうことでCPUファンの交換サービスを受けてみることにしました。
今日はそのサービスと、そこにお願いしてみた体験談も兼ねてご報告します。

ファンエラー

f:id:treedown:20170120173936p:plain
Escキーでパスできるとはいえ、放熱を司るCPUファンの故障を意味しています。放熱ができなければ別の箇所が故障するかもしれません。修理が肝要です。

CPUファン

自分で交換する時間が取れない、というのもあるんですが、事情があり失敗が許されないのと、CPUファンを買うとなると、ヒートシンクつきのものが大体純正で7980円ってのが多いのと、最近その純正も数が少なくなってきていて、簡単に買えないという事情が重なって、じゃあそのCPUファンの部品代+数千円で交換までやってくれるのがあるじゃないか、ってことで頼んでみることにしました。
こういうの

ThinkFactory IBM Lenovo秋葉原 持込修理 販売

ThinkFactory(シンクファクトリー)というところにお願いします。以前は若松通商・PSPlazaと呼ばれていたお店です。よく見るとドメインがpsplaza.comのままですね。

頼む前に気になったところ

とりあえず気になったのは

  1. 会社名を宛名で領収書の発行は可能?
  2. 店舗に持ち込まず配送で済ませることは可能
  3. 修理代金の支払いのタイミング

の三点です。
問合せはメールで問合せ、とあったので早速メールして返事をもらいました。

とりあえず、

  1. 領収書発行はOK、何も心配なし
  2. ホームページから依頼書を記入して修理対象の本体と一緒に梱包して発送。ただしACアダプタやHDD・SSDといった内蔵ストレージは不要。
  3. 修理完了後、連絡が入りそこで金額が最終的に伝えられるようで、そっから振込すればよいみたいです。(銀行振込の場合、代引きだとそのまま返送される)

早速梱包して発送

パソコンポのダンボールが余っていたので早速安全に梱包し、集荷に来てもらって発送することにしました。
発送してからほどなくして先方に到着したらしく、到着の連絡がメールで届きました。
何気ない連絡ですが、到着して修理に取り掛かる前に逐次連絡をもらえるのは安心感につながります。こういうところで連絡なしじゃ到着してないんだか到着後の修理待ちなのかさっぱり分からない、ってことになります。
連絡がもらえるとちょっとした安心はできますね。

そして修理は完了

翌日。修理は完了したというメールを受け取りました。
さすが店頭持ち込みなら数時間で終了する修理なので仕事がお早いですね。
修理完了連絡と共に支払う修理代金も同じく記載されています。この金額を所定の口座に振り込みします、と。
ちなみに代引きで依頼すればこの時点で発送してくれるんだと思います。代引き手数料がもったいないので銀行振込にしました。すぐ振り込みできるし。

早速振込を実施して先方に連絡します。あ、そうそう領収書も忘れずにお願いしまして、一連の処理が完了しました。

完了したPCを受け取る

入金確認を先方が取ってくれ、PCを発送してくれたようです。その主旨のメールが到着しました。
さてようやく修理が完了したPCとご対面することになります。

電源投入後発生していたFan Errorの文字を拝むことなくOSの起動に進んでいきました。

自分で交換するにしてもCPUファンは買えば7980円、それにプラス数千円として修理までを完了して送ってもらうだけ、とくれば検討の余地はあると思いましたね。
何しろ自分で分解してアレコレやらなくていい分、時間の節約にもなりますし。