読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

2017年1月のWindowsUpdate後に…

ボチボチ2017年1月のWindows Updateの適用がされてきたところで発生した動作についてご報告します。
2016年でWindows Updateの問題はなくなったか?と思っていましたが…

ユーザ権限でログインできなくなった

家庭のPCではあまりないかもしれませんけども、企業PCでは普段のログインユーザはUser権限(Domain Users権限)で使っていて、システム部門でAdministrator権限(Domain Admins権限)を有していることが多いと思います。

今回起きたのはワークグループ環境のPC。

ユーザ権限のアカウントでログオンを実行すると

「System Event Notification Service サービスに接続できませんでした。」
「システム管理者に連絡してください。」
とメッセージが表示され、ログオンできないという症状…。
図:エラーメッセージ

f:id:treedown:20170112174928p:plain

このメッセージ、初めてみました。

調べてみた

早速ですがほぼ結論から。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2891058

このURLに記述がある、「ログオンするユーザーが管理者権限を持っていない場合、ログオン処理を継続する事が出来ません。 」に該当しているように思えます。

このほかには
コマンドプロンプト(管理者)を起動して、
netsh winsock reset
とコマンドを入力する、という対処方法も出てきました。

試してみた

前述のURLには「ログオンするユーザーが管理者権限を持っていない場合」の問題なので、管理者権限があるユーザはログオンが継続可能、という風にも読み取れます。
どちらにしろ調べるには管理者権限でログオンしなきゃいけないので管理者権限で(リモートデスクトップですが)ログオンして状況を確認することにしました。

確認してみたら…
図:Windows Update履歴

f:id:treedown:20170112175006p:plain

Windows Updateが動作し適用された履歴がありました。

KB3212642
KB3212646
KB890830

どれかなんだろうな…。
ただ対象の環境ではMicrosoft IntuneでWindows Updateを制御しているので、Windows Intuneの定義の更新(KB979390)も関係あるかもしれない、といったところです。

実はログオンしてしまったあとで気づいたのですが、
「どちらにしろ調べるには管理者権限でログオン」ということは、一旦管理者権限でログオンしてしまった今となっては管理者権限を要するエラーを引き起こしていた処理中の処理が完了することになってしまいます。と、いうことはいまの状況だとユーザ権限でログオンできるはず。さっそく試してみました。

あっさりログイン完了

管理者権限でログオンして調査後、改めてユーザ権限のログオンを試すと、何事もなくログオンが完了してしまいました。
これでうまくいかないようなら、コマンドプロンプトで「netsh winsock reset」を実行しようと思っていたのですが、コマンドを実行するまでもなく問題が解消してしまったことになります。


うーむ、あまりスッキリしませんが、これは一つ対処完了としておこうかと思います。
全PCで発生したら嫌だなぁ…。