読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Microsoft Accessを買うほどじゃないけど使いたい時

PC

今日は、Microsoft Access Runtimeについてご報告します。
Accessってあまりなじみがない人も多いと思いますが、簡単にデータベースとアプリケーションを作って、デスクトップアプリケーション的な使い方ができるツールです。

※私は作れませんが。

Accessファイルを開くだけなら

Office製品ってビューア製品が無償ダウンロード可能です。Word Viewer、Excel Viewer、といった具合にビューアがダウンロード可能です。
で、Accessで無償提供されているのが、Microsoft Access Runtimeです。
Microsoft Access Runtimeがお勧めなのは、.mdbファイルや.mdeファイルを開くだけなら、フル機能のMicrosoft Accessを購入しなくてもMicrosoftダウンロードセンターからAccess Runtimeをダウンロードしてインストールするだけで簡単に.mde/.mdbファイルを開くことができる、という点です。

Accessを買うとなるとだいたい2万円くらいの出費になってしまいます。インストールする台数×2万円、となるので、Accessで簡単なアプリケーションをせっかく作って費用を削減、と狙っても社内でAccessを普及させるためになかなかの出費になってしまいます。
Access RuntimeならAccessでアプリケーションを作るためにAccessのフル機能を要求されるだけで、ファイルを開いてAccessファイルにデータ入力やファイルを開いてデータ閲覧をするだけならAccess Runtimeだけで事足りることになります。

ダウンロード一覧

ダウンロードへのリンクを一覧にしておきます。
■Microsoft Access 2010 Runtime

Download Microsoft Access 2010 Runtime from Official Microsoft Download Center

■Microsoft Access 2013 Runtime

Download Microsoft Access 2013 Runtime from Official Microsoft Download Center

■Microsoft Access 2016 Runtime

Download Microsoft Access 2016 Runtime from Official Microsoft Download Center

Office 2010 ProfessionalやAccess 2010で作った.mde/.mdbファイルを開くにはMicrosoft Access 2010 Runtimeをダウンロードしてインストールします。同様にOffice 2016やAccess 2016で作った.mde/.mdbファイルを開くにはMicrosoft Access 2016 Runtimeをダウンロードしてインストールします。作ったAccessと同一バージョンのAccess Runtimeをダウンロードしてインストールすることになります。Office365を使っているとOfficeが定期的に最新になるので、デスクトップアプリケーションとしての.mde/.mdbは多少取り扱いに注意、となりますね。

64ビット・32ビットエディションに注意

インストールするPCが64ビット版Officeを使っているか、32ビット版Officeを使っているかによって、Access Runtimeも64ビット版/32ビット版のいずれをインストールできるか変わってきます。
一部メーカPCでプリインストールされているOfficeが64ビット版Officeのインストールが実行されている(選べない)ことがあるのでこの場合にはOfficeのビット数に合わせてAccess Runtimeも適宜選択してインストールすることになります。

Accessファイルを使うだけなら

Accessファイルを使うだけなら買わなくていい、という情報でした。
作れる人は簡単に作れるAccess、せっかく作った便利な機能、これを別の人に(別のPCで)使わせる、という場合にはわざわざ製品版のAccessを購入しなくても、フリーのAccess Runtimeをダウンロードしてインストールすればいいよ、という話です。