読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Internet ExplorerでPDFのリンクが開かない

PC トラブルシューティング

「Internet Explorerでリンク先のPDFが開かなくて…。PDF見たいだけなんですけど。」
こんな問い合わせが来ました。今日はこの対処をご報告します。

Internet ExplorerでPDFのリンクをクリックするとエラーになってしまい開けない、という症状です。

例えば、Google検索したら冒頭にPDFって出てくるリンクをクリックすると…

f:id:treedown:20161015174658p:plain

本来はブラウザ内かAdobe Readerが起動してPDFファイルが画面に表示されるんですが、このPCは違っていました。
こんなエラー画面が表示されます。
---------------------------
Microsoft Visual C++ Runtime Library
---------------------------
Runtime Error!
Program: C:\Program Files (x86)\Internet Explorer\IEXPLORE.EXE

abnormal program termination
---------------------------
OK
---------------------------
FirefoxやChromeなら問題なく開けるのですが、Internet Explorerだけこのエラーが出てしまい開くことができません。
はて、これは何でしょうか?
…と、言う前に実は心当たりがあったのですが、それはまた後述します。

詳しい動作の症状

Internet ExplorerでPDFのリンクをクリックすると、まず表示されるのは以下の画面。

f:id:treedown:20161015174800p:plain

Englishか日本語のどちらかを選ぶドロップボックスです。当然日本語環境で日本語のPDFを開こうとするので「日本語」を選択すると思います。OKボタンを押下すると…

f:id:treedown:20161015174817p:plain

このエラー画面が出てきてしまいます。OKをクリックして閉じると…

f:id:treedown:20161015174832p:plain

メッセージが空っぽのウィンドウが、何かを伝えたいのだが伝える言葉を持ち合わせていなかった、と言ったところでしょうか。もう一度OKボタンをクリックして終わらせます。で結局エラーでPDFは開かず、と。

Internet Explorerのアドオンを確認してみる

Internet Explorerに限定されたエラーだったので、まずはアドオンの確認をしてみました。Adobe関連のアドオンを見ると、無効になっています。ありゃ。

f:id:treedown:20161015174925p:plain

詳細を開いてみます。

f:id:treedown:20161015174943p:plain

----------------------------------------------
名前: Adobe PDF
発行元: Adobe Systems, Incorporated
種類: ツール バー
アーキテクチャ: 32 ビット
バージョン: 9.0.0.332
ファイル日付: 2008年6月11日、‏22:42
最終アクセス日: 2016年10月15日、‏15:21
Class ID: {47833539-D0C5-4125-9FA8-0819E2EAAC93}
使用回数: 0
ブロック回数: 1266
ファイル: AcroIEFavClient.dll
フォルダー: C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\Acrobat\ActiveX
----------------------------------------------
Adobeのアドオンは現在無効になっています。ひとまずこれは有効化しておきましょう。
画面右下の「有効にする」ボタンをクリックして有効化します。

f:id:treedown:20161015175019p:plain

f:id:treedown:20161015175039p:plain

f:id:treedown:20161015175047p:plain

ひとまずこれでOK。有効になりました。

で、再度Internet Explorerを再起動して実行してみたらば、

f:id:treedown:20161015175104p:plain同じでした…

設定は意味ないですね。

ようやく、最初の心当たり登場

最初に書いた心当たり、というのはAdobe Acrobatです。
というのは、このPCではAdobe AcrobatとAdobe Readerの両方がインストールされています。以前のバージョン(伝統?)ではAdobe Acrobatとインストールする際にはAdobe Readerはアンインストールせよ、とAdobeのサポートでは明記されていたんですが、最近のバージョンはそういう記述がありません。このため、このPCでは両方がインストールされた状態でそのまま利用していました。
古いAdobe Acrobatを何らかの理由でインストールしている、あるいはPCにプリインストールされているAdobe AcrobatをPDF Writerとしてだけ利用している、という方で同じ症状が出た方向けに(失敗も含め)対処方法を記載しておきます。
※対象のAdobe Readerはバージョン11(Adobe Reader XI)です。よく見ると、IEのアドオンも「バージョン: 9.0.0.332」と記述があるのでAdobe Reader XIが参照されていない、というのは一目瞭然でしたね。)

確認

最初に確認したのはアクセシビリティ設定アシスタントです。
Adobe Readerを起動、メニューバーの「編集」⇒「アクセシビリティ」⇒「設定アシスタント」から開きます。

f:id:treedown:20161015175309p:plain

次へボタンをクリックして、最後の設定まで進めます。

f:id:treedown:20161015175328p:plain

以下省略

f:id:treedown:20161015175339p:plain

Webブラウザから開く動作が失敗しているので、ここで「PDF文書をWebブラウザーに表示」という設定をオフにすればいいかと思っていました。
ですが、要管理者権限…?「この設定は、システム管理者によりロックされており、変更できません」と表示されています。私、システム管理者ですが、その私がロックした覚えないんですけど。
目論見が変わってきましたので、この画面はいったん閉じます。

ここまで確認したのち、次はメニューバーの「編集」⇒「環境設定」をクリックします。

f:id:treedown:20161015175418p:plain

開いた画面から一般を選択します。

f:id:treedown:20161015175439p:plain

「一般」設定の画面内にある下部の「デフォルトのPDFハンドラーを選択」をクリックします。

f:id:treedown:20161015175501p:plain

開くとこのような設定になっていました。やっぱりAdobe Acrobatで開くようになっているせいでエラーになっているといえます。

f:id:treedown:20161015175521p:plain

これをAdobe Readerに変更します。

f:id:treedown:20161015175544p:plain

適用ボタンをクリックして設定を適用します。
設定は管理者権限が必要なことがあります。UACが動作しました。

何やらmsiが動作している風ですが…

f:id:treedown:20161015175559p:plain

この設定をするとうまくいきました。
いちおうPCを再起動し確認しましたが、動作に問題なし。古いAcrobatがデフォルトのPDFビューアになっているとブラウザの進化に置いてかれる、ってところでしょうかね。

古いAcrobatは便利に使っているけどInternet ExplorerでPDFを開いたらエラーになる方は、ブラウザから開くのはAdobe Readerにすると無用なエラーが出なくて済みます。

これにて解消。