読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

携帯電話SO905iが一部破損してしまった

スマホ・携帯

携帯が壊れてしまいました。
いえ、正確には携帯本体が、というよりは電池パックの支えるリアカバーの爪折れです。
今日は携帯を持っていた携帯と交換しましたのでご報告します。

突然気づいた

電池交換しようと思ったら、爪が折れてしまっていることに気づきました。
写真:電池カバ―

f:id:treedown:20161005191602p:plain

爪がない、というのはですね。
写真:別の電池カバー

f:id:treedown:20161005191616p:plain

この位置のツメがなくなってしまっています。ちなみにこの写真の爪は折れて取れてしまう寸前の写真です。

どっちのカバーもツメが折れてしまっており、カバーを閉めても簡単に落ちてきてしまいます。一回この爪がない状態のリアカバーを使っていましたが、折りたたみ閉じたら電源が落ちたり、外出先で知らないうちにカバーがない状態になってバッテリが露出していたりと散々でした。

基本的にこの状態ではリアカバーがしっかりハマらず、安定して利用するとができない体験をしてしまったので、泣く泣く8年10か月使い続けてきた+JOGに別れを告げる必要がでてきました。

代打SO906i(ブラビアケータイ)

個人的に+JOGのSO905iとお別れするのは辛いのですが、もうリアカバーは手に入りません。
写真:リアカバー SO08

f:id:treedown:20161005191648p:plain

これが入手できるのが一番のベストチョイスなのですが、どうにもならないことから、とっておきの本体に移行することにしました。
以前友人に入らなくなったSO906iTVを譲ってもらって外装交換と新品リアカバーを購入しておいた、見掛けだけ完全新品のSO906i、通称ブラビアケータイを確保して保管していました。これを持ち出して入れ替えることにしました。
写真:SO906i

f:id:treedown:20161005191705p:plain

ほぼほぼ電話がメインの利用ですから昔ほど移行するデータも多くなく移行作業はそれほどつらくありません。

早速SO905iの電話帳データやブックマーク、テキストメモなんかをMicroSDに保存します。
MicroSDに保存したデータをSO906iに挿して、本体データをMicroSDのデータで上書きします。
これだけで、使いたいデータはSO905i⇒SO906iへ移行できました。昔みたいにドコモショップでなくてもMicroSD一つでデータ以降は可能です。
残念なのは着信メロディやiモードサイト経由で入手した画像です。これらは携帯の機種依存をしているため、大部分は移行できない(移行先で開こうとしても開けない=データとして認識しないような…)ので諦める必要があります。
PCで代替となるデータを用意して最低限待ち受け画像は携帯に送り込んでおきました。

あと何年使えることやら

とうとう、最後の一台に手を出すことになってしまいました。
このブラビアケータイがダメになったら、その時こそ本当に最後となってしまいます。つまり手持ちのガラケーから機種変更せざるを得ない時がくる、ということですね。
でもよく考えると、SO90xiの中古を買えばいいのか…?いやでも今更買うのか…?などと自問自答してみたり。

ただし、今のところは新品同様のSO906iのおかげで、新しい携帯に機種変更したかのような錯覚で、なんだかちょっとした満足感を得ています。