treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

駆け込み需要?とりあえずWindows10の権利確保

今日は7月29日に迫る、Windows10無償アップグレードについて、
「とりあえず、使わないけど権利だけ取っておく方法は?」
について、ご報告します。

Windows10

Windows10はご存知のように今月7月29日で無償アップグレード期間が終了します。GWXが暴走して勝手にアップグレードが走るのに戦々恐々とされていた自宅ユーザの方もようやく落ち着くんじゃないでしょうか?何せ無償アップグレードが終了すれば、アップグレードしたくでもできなくなります。強制されることもなくなるだろう、ってなもんです。

でもできなくなる、ってことは今後はWindows10にしたいなら買わないといけません。
その前に、使う権利だけ確保しておきたい、と思う人も居ると思います。

今回の対象はThinkPad T420s Windows7 Professionalが動作するPCです。

権利だけの確保作業

権利だけ確保するには「権利を割り当てたディスクを保管しておく」のが一番手っ取り早いと思います。
ちょっと用事があって、やっておくことにしました。

安いSSDかHDDを一台購入して、デュプリケーターで丸ごとコピーしてしまいます。
図:コピー中

f:id:treedown:20160715135225p:plain

これで、利用中のWindows7環境が二台できました。複製した側(保存する側)をThinkPadに装着してWindows10のアップグレードを動作させます。

図:インストールを動作させる。

f:id:treedown:20160715135252p:plain

今回はISOファイルをDVDにしたものを用意してあったのでそこからWindows10アップグレードを起動しました。
起動後、データの引継ぎを決定してインストールを実行です。
※個人的にはクリーンインストール後の状態の方が都合がいいので、クリーンインストールに近い「何も引き継がない」を選択してインストールを実行しました。ここら辺は個人の好みの問題になるかと思います。

インストールが進みます。

完了すると、Windows10が起動してきて、ライセンス認証済みの状態でOSが利用可能になります。これ最近のWindows7のWindowsUpdateより完了が速いんじゃないの?って思うくらい早いです。
図:インストール完了後

f:id:treedown:20160715135312p:plain

完了後、何も引き継がないインストールを実行したので、ドライバも不十分な状態で起動してきます。でもWindows Updateすると最低限必要なドライバ類はなんとなくインストールしてくれます。
ライセンスも確認してみました。
図:ライセンス認証されている図

f:id:treedown:20160715135402p:plain

ライセンス認証も無事されています。
あとはこのストレージを外して保管しておけばOKです。つまり、Windows10になったものを保管しておけば、いざ使いたくなったときにはこれに差し替えるってことです。

権利だけ確保とは

つまり、今使っているWindows7環境を手っ取り早くデュプリケーターで複製して同じ環境を二台にして、一台をWindows10にしてしまおう、という作戦です。
これなら、SSD(HDD)を差し替えればWindows10で使えますし、そのままWindows7で使いたいならいままでのSSD(HDD)を指して使えばよい、ということです。(当然アプリケーションは自分なりにセットアップを要しますが)

この方式であれば、デュプリケーターとSSD(HDD)を一台買えばWindows10にした状態のディスクを保存しておくことができます。友達がデュプリケーターを持っているのなら借りてもOKですし。

またこの方法なら、それほど時間は掛からないので、土日の休日でサクッと作業が終わってしまいます。
7月29日まで半月を切りましたので、サクッとWindows10の権利だけ確保しておく、と言う作業は、迷っているのであればお勧めしたいところです。