読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Officeのアップデートだけ失敗する(未解決)

WindowsUpdate トラブルシューティング

Windows UpdateのうちOffice関連のアップデートだけが失敗する、という症状についてご報告します。
ただし、他の記事のように解決しませんでした。その経緯をご報告する主旨の記事となっております。

またこの問題自体はかなり以前の内容となっています。

症状

Windows Updateのうち、Office関連のアップデートが「失敗」となってしまうようになりました。
OS用のアップデートは適用に成功しています。

エラーコードは「80070663」が出力されています。
図1:エラーの画面

f:id:treedown:20160628010602p:plain

最初は、おや?と思ったものです何しろOfficeとなっているものだけ失敗しているというのに気づかず、全体的に失敗していると思ったのですが、よく見てみると、どうやら「Office」の名を冠するアップデートだけが失敗しているようです。「インストール状態:失敗」とあるのがOfficeだけ、と言うところです。
図2:失敗一覧

f:id:treedown:20160628010613p:plain

さてこれどうしよう、というところから始まります。

対処方法その1

まずはエラーコードから調べてみるようにします。
ちょっと調べてみたところでは、Fix-itがリリースされているようです。これを適用してみることにします。

更新プログラムのインストールに関する問題のトラブルシューティング - Windows ヘルプ
※「MicrosoftFixit50123.msi」をダウンロードして実行

これを実行することで改善を期待しています。
図3:実行完了

f:id:treedown:20160628010644p:plain

適用が終了し、Fix itで自動化された処理が無事動作完了したようです。
さて、試してみることにします。
図4:Windows Updateの再実行

f:id:treedown:20160628010654p:plain

全部失敗してしまいました。
どうもFixitだけではダメみたいなようですね。

対処方法その2

続けてOfficeを修復インストールする、という対処方法が一般的に実行されているようです。実際にこの修復インストールで復旧した事例もネット上にはいくつも挙げられています。
これは期待できそう、私の胸も期待に膨らみます。

さっそくOfficeのメディアを保管庫からガサゴソ探し出してきて、修復インストールを実行してみます。Officeのメディアを探すのも一苦労ですよねぇ。

早速修復インストールを実行してみます。
Officeのメディアから通常のインストールと同様にsetup.exeを実行すれば、Officeがインストールされていることを検出して修復インストールや削除、プロダクトキー変更などの選択メニューが出てくるはずです。
図5:Officeインストーラ動作開始

f:id:treedown:20160628010720p:plain

メニューの表示を待っていると…

あ、あれ…?
図6:エラー?

f:id:treedown:20160628010730p:plain

何かウィンドウが出てもにょもにょやっています。
図7:エラー

f:id:treedown:20160628010738p:plain

エラーで止まってしまいました。
「問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。」
ですって?心当たりはないんですが。。。
「解決策がある場合はWindowsから通知されます。」
…通知されません。ということは解決策なし、ってことですか。なるほど。

こうして修復インストールの道は断たれました。

対処法その3

もともと、このPC、問題が解決できないようであればリカバリしてね、という話を受けていました。
いよいよOSを再インストールするときが来たようです。

こうして対象のPCでのOS再インストールが始まりました。