読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

携帯電話(主にガラケー)用にもう一つの互換バッテリ

今日はバッテリの互換情報として、ソニー製携帯電話の互換性についてご報告します。
使っていない人にとっては全く役に立たない情報になる、というのは承知の上で、いまだにガラケーを使っている、かつこれからも使い続けたい方のために本記事を記載します。要するにニッチ向けです。

選択肢は互換バッテリを購入するしかなくなってしまいました。がこの互換バッテリ、どうせ買うなら「メーカ純正品の互換バッテリの方がいいんじゃないか?」というのが発端です。

対象のガラケーソニーエリクソン製の携帯電話です。私が持っているのはSO905i&SO906iです。ドコモではもはやバッテリの提供は終了しています。
体験談として以前の記事もどうぞ

blog.treedown.net

 

どんなバッテリなのか?

彼を知り己を知るのが基本です。対象のバッテリはどんなバッテリなのか、確認してみましょう。
「電池パックSO02」です。

f:id:treedown:20160215130823p:plain

DC 3.7V、870mAh、3.3Whの出力をもつガラケーバッテリです。品番か何か知りませんが、下部に*ASO29012*と記載があります。(複数のバッテリを所有していますがこのASO29012はどのバッテリでも記載がありましたので目印みたいなものなのかもしれません。
で、実はわたくし、旧世代のバッテリも所有しています。Mova時代のSO505iS(SO505iC)に付属していたバッテリで「電池パックSO009」と記載があります。

f:id:treedown:20160215130846p:plain

DC 3.7V、680mAhの出力があるようです。
この2種類のバッテリは出力の差こそあれど、全く同一形状で装填可能などの携帯電話でも変わらず利用が可能です。(870mAhと680mAhの差があるので持続時間に差は出ますが利用上の問題はありません。)

旧世代の機種から同じバッテリ形状を利用している、ということは携帯電話メーカを変えなければ電池パックがそのまま使えるということですね。ガラケー全盛の当時で、バッテリの互換性は充電器の互換性と同様にちょっとしたTIPSとして紹介されていました。

バッテリが互換性あり、ということは

※注意※
ここから先の情報は「やってみた」ベースの情報であり、メーカや私が何かを保証しているものではありません。ご自身の環境・機種をご確認の上、よく調査し実施してください。

このバッテリが欲しい、という場合、サードパーティー製のバッテリ以外の選択肢がもう一つあることに気づきました。
ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ株式会社製のガラケーはドコモ以外のもう1キャリアから発売されていました。そうauです。

auソニーエリクソンガラケーはドコモが打ち切られた後もしばらくはガラケーがリリースされていましたので、ドコモでバッテリ提供が打ち切られていたとしてもauならもうちょっと長く提供しているんじゃないかな、と思ったのが始まりです。ちょっと調べてみました。

auの型番でW32S以降の機種やBRAVIA Phone U1やURBANO MOND、といった機種はドコモで言うところのSO505iS以降のガラケーと同じ形状のバッテリを使っているようです。つまり、世代が同じならドコモもauもバッテリは同一のバッテリを利用していると考えられます。これは同一メーカなら同じ生産ラインを用意するため消耗品パーツは同一部品を利用する、というPCでもよくある話です。(多少世代が違っていても互換性があって換装可能なThinkPadのキーボードがいい例ですね。)
と、いうことは、この世代で使われているauソニーエリクソン製携帯電話用バッテリである、「32SOUAA」「43SOUAA」「64SOUAA」のいずれかを調達すれば、
SO905i&SO906iで利用できるメーカ純正品の互換品バッテリ」を調達できる
ということになります。

早速探してみましょう。
本記事現在では「au純正品 URBANO MOND 専用 電池パック 64SOUAA」が買えるようです。※その他は見つかりませんでしたが下位互換があるので一番新しい64SOUAAがあればOKですね。


概ねスマホバッテリの半額程度で新品純正品が購入できます。
検索するといくつかそれらしいバッテリが出てきますが「64SOUAA」以外は(形状が合わなくて)使えないですし、やけに高いバッテリが検索結果として出てくることもありますので、くどいようですがよく調べてみることをお勧めします。
よく見ると、ビックカメラでも買えるようです。ビックポイントをお持ちでしたらビックカメラ.comでポイント使って買う方がいいかもしれませんね。

互換品との価格の差でちょっとためらう

互換品がワンコインくらいでバッテリ1個購入可能であることに対して、当然ですが純正品を購入するとなるとその三倍程度の費用が必要になります。
互換品でトラブルを体験された方や互換品にあまりいい思い出がない方はこの三倍の出費が安心料であることと、バッテリはメーカ純正品を使うことの価値が理解できているかと思います。
でも、単純に価格比較して、安かろう悪かろうでも構わない、という方も世の中にはいらっしゃいますよね。そういった考えをお持ちの方は互換品を購入されたほうがいいです。何と言っても安い。


ただし、本記事を作成した現在で、SO02の互換バッテリは在庫切れとなっていて「次回入荷未定」と記載があります。もう生産しなくなったのかなぁ。
次善の策として検討に値するのが前出「電池パックSO009(DC 3.7V、680mAhの出力)」なら現状購入が可能なようです。

十秒ほど迷った結果、私は「64SOUAA」を選択しました。やっぱ長く使いたい。

そして現物が届く

届きました。

f:id:treedown:20160215164239p:plain

表記のバッテリスペックは「DC 3.7V、870mAh、3.3Wh」と記載があり同容量、かつ製造元に「ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ株式会社」と記載があります。間違いなくメーカ純正品です。よしよし。早速装填して充電してみましょう。

f:id:treedown:20160215164258p:plain

最初の充電は長いなぁ、と思いながら、充電が無事実行されているのが確認でき安堵しています。これでもうしばらくはバッテリに悩むことなく愛用のSO905iを使い続けることができます。老いてますます盛ん、まだまだ現役です。