読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

省電力マネージャのために「Compatibility Administrator」を使うとイイ?

PC 省電力マネージャ

省電力マネージャはビルド上がるとWin10で消される?ということがありますかね。

f:id:treedown:20151229231200p:plain何が何でも省電力マネージャを使う価値があると感じている方はやってみるといいかもしれません。

私は訳あって対処したのですが、ここまでやってみる人はいるのかな…、とも思います。ちょうど年末ですし冬休みの暇つぶし、いえ課題的な取り組みの一環として興味のあるかたは一つやってみてはいかがでしょうか?

Windows10のビルド番号がアップデート(アップグレード)で更新されると、省電力マネージャが互換性の問題から削除されることがあります。(条件を満たすと消えるようですが、条件は不明です。消えない環境もあります。)


対処は海外の親切な人が教えてくれます。
https://www.reddit.com/r/Windows10/comments/39anbv/windows_10_deciding_what_i_can_and_cannot_run/
このURL中のポイントになる書き込みを文末に日本語にして掲載しておきます。

簡単に結論を言いますと、この親切な人は「Compatibility Administrator」を使って問題を回避したそうです。

この文中にあるMSDNサイトにアクセスすることでダウンロードが可能です。(以下URLは日本語URLです。)
Windows 10 用のキットとツールのダウンロード
https://msdn.microsoft.com/ja-JP/windows/hardware/dn913721.aspx#adkwin10
Windows 10 バージョン 1511 用の Windows Driver Kit (WDK) 10、WinDbg、シンボル、HLK、および ADK をダウンロードします。

このツールを使うと、Windows10に用意されている互換性データベースを閲覧するためのUIを用意することができます。でそのUIから互換モードを適用するソフトのリストを操作することができるようになる、と、いうことで省電力マネージャをこの互換性データベースによるチェックから除外してしまうことによりWindows10のアップデートが動作しても互換性チェックの目から逃れることができるようになる、という動きをさせることができるようになります。

ちょっとやってみます。明日のエントリまでお待ちください。

f:id:treedown:20151229231218p:plain

対象文書の日本語版

The following workaround fixed it for me:
次の回避策は私のためにそれを修正:

 Install the Windows 10 Assessment and Deployment Kit (aka Windows ADK for Windows 10) from https://msdn.microsoft.com/en-US/windows/hardware/dn913721.aspx#adkwin10
URL:<https://msdn.microsoft.com/en-US/windows/hardware/dn913721.aspx#adkwin10>から、Windows 10の評価と展開キット(別名、Windows 10用 Windows ADK)をインストールします。
※ダウンロード用の日本語URL(日本人の我々はこちらからどうぞ):
https://msdn.microsoft.com/ja-JP/windows/hardware/dn913721.aspx#adkwin10

From the start menu, run the Compatibility Administrator, either the 32-bit or the 64-bit version depending on your application
[スタート]メニューから、設定対象のアプリケーションに応じて、「Compatibility Administrator」の32ビットまたは64ビットバージョンを実行します。

In the left-hand pane under System Database (32/64-bit) -> Applications, look for the corresponding application
左側のペインで以下を選択します
「System Database (32/64-bit) -> Applications」から、対応するアプリケーションを探します。
 (if you can't find a good match, you can look it up in the Event Viewer, see below)
 (一致する名称を見つけることができない場合は、イベントビューアで対象のアプリケーションを見ることができます)
    In the large pane on the right-hand side there should be an entry AppHelp - HARDBLOCK
    右側の大きなペインで「AppHelp - HARDBLOCK」というエントリーがあるはずです
    Right-click the exe-file with the hard block and select Disable entry
    ハードブロックと記載のあるexeファイルを右クリックし、[Disable entry]を選択します

Now you should be good to go. In my case I additionally had to set the program to run in Windows 7 compatibility mode.
今すぐ実行しても良いです。私の場合は、さらにWindows 7の互換モードで実行するプログラムを設定する必要がありました。

    Open the Event Viewer eventvwr.msc
    イベントビューアeventvwr.mscを開きます
    In the left-hand pane, navigate to Application and Services Logs-> Microsoft -> Windows -> Application Experience -> Program Telemetry
    左側のペインで、[アプリケーションとサービスログ->Microsoft - >Windows - >Application Experience - >Program Telemetry]を開きます。
    In the large middle pane, double click on the event with a timestamp that matches the blocked message. In the window that opens, there should be passage of text like
    中央のペインで、ブロックされたメッセージに一致するタイムスタンプを持つイベントをダブルクリックします。表示されたウィンドウで、のようなテキストの経過が必要です

    Compatibility fix applied to C:\DRIVERS\VISTA\PWRMGRV\Setup.exe.
    互換性修正プログラムは、C:\DRIVERS\VISTA\PWRMGRV\Setup.exe.に適用されます。

    Fix information: Lenovo Power Manager, {c2c0a0a8-ec3a-4f72-b657-5c39de76c771}, 0x10161.
    レノボ・パワーマネージャ、{c2c0a0a8-ec3a-4f72-b657-5c39de76c771}、0x10161:とある情報が修正対象です。

    The boldfaced part is what the application is called in the Compatibility Administrator
    太字の部分は、Compatibility Administratorでコールされたアプリケーションです
    
----------------------------------------------