treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

今日も来ました、光の勧誘、その断るまでの実録

今日はしつこくなかったけど、光の加入が電話できましたのでご報告します。

最初に申し上げておきますが、電話勧誘や訪問販売での光回線の勧誘は
「絶対に失敗する買い物(契約)だから止めておくようにしてください。」
と、声を大にしてお伝えしたい。
こんな記事を書いている私が言うのもなんだか変な話ではありますが、
電話勧誘や訪問販売でインターネット回線を調達するのは、
「業者がお得と言っているのは、販売代理店にとってのお得であって、実際に契約する貴方のお得ではありません。」
これは間違いないです。

 最近では携帯キャリアの光&携帯組み合わせプランや格安SIMと光回線を組み合わせた料金プランを"ご自身で"契約するほうが"実際に契約する貴方"にとってお得です。
もっと言えば、光回線単体で契約するにしても、家電量販店で契約すると、以前から欲しかった家電がタダ同然で手に入る回線契約もあります。(インターネット回線契約したらパソコン100円!みたいな広告見たことありませんか?それです。)
契約する貴方のお得を考えると、こちらの方が絶対お得です。
くれぐれも、電話加入や訪問販売の口車に乗って余計な通信費を支払わなくていいようにご注意ください。
そもそも販売代理店の会社名、聞いたことないような会社名ばっかりじゃないですか?
そんな会社が突然電話してきて「インターネット回線いかがっすか~♪」とかいう売り込みに根負けして契約する必要など全くないですし、そういう会社は契約したが最後、大体が解約金(違約金)をがっぽり分捕っていくのです。
なので、最初の段階で毅然と断ることが重要です。

さて、前置きが長くなりました、今日の勧誘は…
電話が鳴りました。電話に出ると光の勧誘でした、というところから始まります。
フレッツ光をお使いのお客様に向けて、ご利用の地域で光ギガ回線が開通しましたので料金がお安くなります、というご連絡です。」
という切り出し方でした。
こりゃまた意味不明な話です。
?ギガは速度でしょ?
?速度が速くなると料金が安くなるの?
ちょっと聞いてみました。
「なんで料金が安くなるかが分かるんですか?」
抑揚のない調子でこう答えてくれました。
フレッツ光をお使いであればお安くなります。」
あれ?このセリフ、どっかで聞いたような…?

treedown.hatenablog.jp


また、これですかね。

再度聞いてみました。
「私の料金知りませんよね?」
電話の向こうでは再び抑揚のない調子でこう答えます。
「ですから、フレッツ光をお使いか、を質問しています。」
あのさぁ、

質問なんかして無かったよね?

大人げなく、ここでちょっとイラッとしてしまいました。

「じゃあ、なんで"お安くなります。"て最初に言ってたんですか?」
今日の相手は何言っても冷静です。
フレッツ光をお使いであればお安くなるからです。」
質問を変えます。
「この電話、フレッツ光という回線の話ですか?それともプロバイダの話なんですか?」
(ププッ)電話の向こう側から嘲笑が聞こえてきました。何故笑うのか?
「プロバイダは各ご家庭で個別に契約されていますから、フレッツはプロバイダではありません。今回はフレッツ光をお使いのお客様に光ギガがお安くなる、というご案内です。」

うぉー!

なんでバカにしたようにちょっと笑った―っ!
しかも答えになってねぇー!

そんな心の声なんか届きませんよ。
とりあえず、怒りで不用意なこと言わないように手短に終わらせることにします。
光回線は不要です。」
これでゴネてきたら、二段構えの手を用意していますので、そのつもりで毅然と断ります。
電話の向こう側はあくまで冷静です。
「ああ、そうですか。ではまたよろしくお願いします。」

"また"なんかないんだよ。



二度と電話してくるな。


こうして電話は終わりました。
しかしフレッツ光の勧誘というのは、どうしてこうも人を馬鹿にしたような態度を取る売り込みが多いのでしょうか?

さて、この記事を読んでいただいている方のお役に立てるように、先ほど記載した、"ゴネられたときのための、二段構えの手"をご紹介しておきます。
今回は、光ギガの売り込み、ということで、速度がギガビット(1Gbps)のインターネット回線の勧誘です。
一般に普及している光インターネット回線は100Mbpsであることが多いです。故にその10倍の速度であるギガビット(1Gbps=1000Mbps)回線をお勧めするという主旨の勧誘をしてくるわけですね。
回線速度を向上させませんか?が向こうがコチラに提供できるバリューです。
ですけど、(以前の記事にもあったように)建物がVDSL方式であれば、ギガの回線を契約しても100Mbpsに建物内で帯域を絞られてしまい、ギガの意味はありません。
なので、
「ウチはVDSL方式だから、ギガの速度は意味がないので契約しません。」
と言ってお断りするだけの話です。
電話だとVDSLADSLを聞き違えてしまう場合もあるので、ADSLのことを話し出したら
ADSLやのうて、VDSLな。うちマンションだから共用部の宅内配線ね。」
と言っておけば、向こうが勝手にめんどくさいヤツと認識して、お断りの電話を快く受け入れてくれる可能性が上がるはずです。
VDSLで意味がないから光回線は不要です。」もうこれで良いですよ。

電話勧誘を断った方がイイという根本的な理由をもう一点記載しておきます。

インターネット回線の勧誘電話は電話帳で電話営業しているかもしれませんが、半分は不正に個人情報を取得して勧誘の電話を掛けてきています。
なぜなら、私の家の電話は電話帳に掲載されていない(掲載拒否)の上、重要な契約以外の(DM関係)では使用していない、にも関わらず、不定期にインターネット回線の勧誘電話が掛かってくることから、何かしらの方法で名簿業者に渡った電話番号に手当たり次第に勧誘電話を掛けているにすぎません。
ちなみに、電話に出るときに名乗らずに、「私の名前分かりますか?」と質問すると、名前すら知らないことがあります。
要するに電話番号だけの名簿だと名前を知る方法がないのですね。
家族の誰かの名前が出てくるようなら、その名前と電話番号がセットで名簿業者へ出回っている、ということになります。(やれやれだぜ…。)

そんな、健全じゃない方法であなたの電話番号を入手している(かもしれない)業者の売り込んでくるインターネット回線を購入するのって、なにか間違っていませんか?
私は、間違っていると思います。

ちょっと前にADSLって単語が出てきたので、ついでに。
ADSLユーザに対して光回線への乗り換えを進める電話勧誘もかなり多いです。
サラリーマン時代はADSLユーザだったので、かなりの数そのような勧誘電話も掛かってきました。
殺し文句は「ADSLサービスはもうすぐ終了します。」や「ADSLを光に変えなければならなくなりました。」という、強制適用な話しぶりで売り込んできます。
でも、ADSLがこの世の中から/日本のインフラから消滅し終了する、ということにもしなったとしたら、
もっと大騒ぎになっています。
テレビのニュースやネットニュースでも騒ぐし、SNSでもツイートがいっぱいされます。
それがない、ということはただの光回線勧誘の詭弁でしかないのです。
要するにAADSL終了、とか言ってるヤツはあなたから光乗り換え費用を分捕ろうとウソついているのですよ。もしくは別の言い方をすれば
「私の脳内ではADSLは終了します。」
という意味なのかもしれませんね。
どっちにしろ、詭弁です。ADSLは死にません。
ADSLが終了する日、というのはメタル回線が終了する日、とも考えられます。
つまり、昔のながらの固定電話(IP電話除く)、ISDN(INS)といった、古くからある"電話"というものが使えなくなる日、と言い換えることができます。(ADSL回線が終了するのはそれくらいの規模の話なのです。)

ご存知のように、アナログな昔ながらの固定電話も健在ですし、もっと言えば同じ方式で通信する公衆電話も数こそ減れど無くなる様子はありません。
つまり、「ADSLサービスは終了します。」と言われたら、だまそうとしている、という認識をしたほうがいいです。
しかも、旧来の電話より光電話(IP電話)のほうがいいですよ、とかお年寄り世帯にお勧めする営業も信用なりません。むしろお年寄り世帯はアナログ電話の方が使い勝手が良い、と思っています。

ご自身の親御さんのところに、こんな売り込み掛けてくる販売代理店が居たら、
ぜひ、お子さんである貴方の力で撃退してやってください。
「我が家には不要です!」


私は、応対するたびに、
人のことを小馬鹿する(しかもほぼ100%)態度で光回線を勧誘してくる販売代理店が大嫌い
です。