treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

レッツノートCF-AX2LDCTSタッチパネル不具合にはBIOSアップデート

時期として結構前のトラブルシューティングになりますが、他でもありそうな現象なのでご報告します。

Windows8以降のノートPCにてタッチパネルが誤動作し、触れていないにもかかわらず画面上部をタッチしている(とタッチパネルが判定する)ような症状になる、という動作が発生します。
※タッチパネルはキーボード付近のタッチパッドではなく、画面をタッチして動作するWindows8以降のモデルの液晶画面のことをさしています。

発生した対象機器:レッツノートCF-AX2LDCTS
発生した時のOS:Windows8

ユーザが何も触れていないのに、画面が、
f:id:treedown:20151019012625p:plain
このように、上部でタッチされているかのような状態に…

分かりにくい?ですよね?
ちょっと拡大しましょう。

f:id:treedown:20151019012729p:plain
この画面の右上がタッチされたときに反応箇所に出るちょっとした描画です。
?まだ分かりにくい?ですかね?

f:id:treedown:20151019012843p:plain
ココです。
何も誰も触っていない画面の上部がタッチされているように反応してしまうのです。
目に見えない誰かが押しているのでしょうか?だとすると別の問題がありますが、、、

この症状の困ったところは、「ネットで検索しても同様の症状は見当たらなかった」点です。サスガのグーグル先生も教えてくれませんでした。

困ったときはメーカーサポートページです。ここに、

<2> CF-AX2LDCTS用 Windows 8 (64bit) 導入済みドライバー
<http://askpc.panasonic.co.jp/s/download/install/ax2ldcts.html#model1>
で、タッチパネルの安定化BIOSがあったので適用を実施しました。
結果としてこの安定化BIOSの適用でタッチパネルの誤動作は解消しました。(経過観察の結果、これと断定しました。)

Append:
この症状については、アップデートを一通り適用してみるといいかもしれないです。というのも、この件はBIOSアップデートだけでことは済んでいますが、要因が複合的である場合もあるからです。

 

これで直らなかったら故障と判断し、修理依頼というのも必要になります。(保証内ならいいのですが、保証外だと診断料の支払いが必要という場合もあります。)

今回の症状は、再発報告がないためクローズしました。 

Windows8時代のタッチパネル液晶を搭載したPCを、8.1Upgradeや最近はやりのWindows10アップグレード実行の際にこの症状が出る可能性はあると思います。
もし症状が出たらメーカーサイトでBIOSアップデートやPCのFWアップデートなどを探ってみて、未適用のアップデートがあれば適用してみる、ということをお勧めします。

今回の件、実際にアップデートのFIX内容として具体的にこのような症状はなかったのですが、アップデートを実行して不具合と言える症状を抑えることができました。

このように最新版にしてみて収まる症状もあるので、実施してみる価値はありますよ、というご報告でした。