読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

Yahooメール消失の確認方法⇒実際に確認してみました

トラブルシューティング 時事

最近テレビやネットのニュースを賑わしていますね。
Yahooメール消失の確認、皆さんはいかがでしょうか?

今回は私、確認してみましたので、その手順と確認内容をご報告します。

手順は簡単ですので、よほどYahooメールに重要メールは来ない!という自信がある方以外は一度確認されることをお勧めしたいです。

なお画面中の赤点線囲みは実際の画面では表示されません。

まずはYahooメールを開きます。
この画面で(少し小さいのですが)「8/28障害の影響につきまして」リンクをクリックして開きます。

f:id:treedown:20150908002402p:plain


そうするとメール消失の連絡内容が表示されます。画面中の「メールデータの消失対象者か確認する」ボタンをクリックします。

f:id:treedown:20150908002418p:plain


次の確認画面で自分のYahooIDを確認しましょう。
複数ID所有の場合にはどのIDのメールについて確認しているかを見るためにも「Yahoo! JAPAN ID」欄を確認することになります。
どのIDか確認して「消失した可能性のあるメールの受信日時と送信元を照会する」ボタンをクリックします。

f:id:treedown:20150908002459p:plain


対象のYahooメールで消失した可能性のあるメールが一覧で表示されます。

f:id:treedown:20150908002703p:plain

私は、迷惑メールだけでした。むむむ…。うれしいんだかうれしくないんだか。

ここで「送信元」欄に表示されるメールアドレスが友人知人やサービス提供者のメールアドレスだった場合、貴方にとっての重要なメールを取りこぼしている状態、と言えます。
またその内容が重要だったかどうかを知る方法がない状況ですので、メールの送信もとに問い合わせる以外にはないことになります。

皆さんはいかがだったでしょうか?
今回はYahoo側ストレージ機器の障害が原因と聞き及んでいますが、やはり規模が大きくなると、ストレージとバックアップの運用は非常にハイレベルな運用が要求されるものです。
また、これだけ大きく報道されてしまうと、復旧や原因調査にエンジニアが夜を徹して作業している光景が浮かんでくるので、なんだか同情してしまいます。

フリーメールといえど自分にとって大切なメールを送受信しているようであれば、「メールをメールボックスに残して別アドレスに転送」というような設定を使って、受信メールだけでも別のフリーメールにコピーを作っておくことで、フリーメール同士でリスクヘッジができますね。
もしフリーメール使ってはいるが大事なメールがたまにくるようならこのような自己防衛策もご検討されてはいかがでしょうか?

障害、どんな立場でも起きないといいですね。