読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treedown’s Report

システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブログです。会社でも家庭でも"システム"に携わるすべての方の共感を目指しています。

社長、サーバに投資する予算はありますか?

インフラ設計 サーバ

サーバは利用する企業の規模によってガラッと変わってしまいます。
ユーザが増えることで停止が強要される時間やトライ&エラーにかけられる(リプレイス前提で小さく作って成長させる)時間が少ないことがシチュエーションとして考えられるからです。

なので、WindowsServerで100ユーザを超えるような規模感でサーバを用意するとしたら以下のような考え方で基本ベースを作ってから、強化ポイントと削減ポイントを調整します。

  • CPUは後から追加が困難なので妥協しない。

でも私自身はRBMS専用のサーバ以外のサーバでCPUは軽視しがちです。Hyper-Vでゲスト複数いてもめったに使い切らないイメージがあります。
でも、企業にサーバを導入するときにCPUは(クラウドでもない限り)妥協せず必要な速度、必要なコア数、場合によっては2CPU/4CPUで用意することも必要です。

  • メモリは使いたい機能の総和を情報収集して用意。

OS:4GB+インストールするサービス(製品):マニュアルの動作要件から確認+(利用するユーザ数×1ユーザがサービスを利用して消費するメモリ容量)

  • ストレージは速度と容量をバランスよく

OS部分は128GBをRAID1で、データ部分をRAID5/6/10で必要な容量を。インターフェースはSASを選択
※数年前からニアラインSASSATA)という価格を抑えたHDDのシリーズが出てきました。高価になりがちなストレージですが用途によっては割安なニアラインSASSATA)シリーズを選択するのもよいと思われます。

他には、電源冗長化NIC冗長化チーミング

一方でそれほど大きな規模でない数十ユーザの環境であれば、イニシャルコストを極力抑えて安く済ませる場合もあります。
この場合には極力イニシャルコストを掛けずにサーバを用意することになります。
(私の周囲ではこれを赤貧構成といいます。)

この場合、注視するポイントが変わってきます。

  • OS:WindowsServerを買えないのでLinux

Windows Serverはライセンス購入のコストも必要ですがPCからWindowsServerに接続して利用するためのCAL(Client Access License)がPC1台かPC利用者1名につき1ライセンスの購入が必要。このCALコストが高い。

  • 筐体:サーバ機が買えないのでパソコンで⇒パソコンも買えないので余った(もう使っていない)パソコンで

※とりあえず起動するPCで用意、故障していないことが条件です。

  • CPU:思いっきり妥協して使われているCPUそのまま使います。選択の余地があるのであればCeleronプロセッサのPCを選択しましょう。

Celeronを選択する理由はざっくり言って静音なことが多いからです。

  • メモリ:投資する余力があれば搭載可能な最大容量2GBとか4GBとかを搭載してしまいます。

※古いPCの転用では稼働するサービスから計算するより、どれだけ搭載できるかのほうが気になるところです。

  • ストレージ:ここだけは投資しましょう。
    同じHDDを2台(できれば3台)用意します。最近出てきたNAS向け製品と位置付けられたHDDを購入し最低限ソフトウェアRAID1(3台目は故障時の復旧用に保管)を構成します。

NAS向けHDDとは⇒WesternDigital社の製品であれば「WD RED」シリーズ、Seagate社の製品であれば「Seagate NAS HDD」という製品です。

  • NIC:古いPCではNICがGigaEthernetでなく100Base-Tの場合があります。この場合PCIスロットにGigaEthernet対応NICを増設したほうが望ましいです。

※ギガビットイーサで社内ネットワークが整備されている前提です。

だいたいこんなところになるでしょうか?
ちなみに表題になっている質問をした時の答えは、
「サーバの予算は捻出できない。」でした。
こうして赤貧構成が誕生しました。いい経験です。

いくつか作った赤貧構成を書き出してみました。

  • ファイルサーバ1

OS:Debian
CPU:Intel Celeron CPU 2.00GHz
メモリ:1GB
ストレージ:500GB⇒のちに1TB:RAID1へ
NIC:RTL8169sb/8110sb Gigabit Ethernet Adapter

  • ファイルサーバ2

OS:Debian
CPU:Intel Celeron CPU 2.80GHz
メモリ:2GB
ストレージ:250GB×2(RAID1)+4TB(RAID10、USB/eSATA)
NICIntel(R) PRO/1000 Network Connection

OS:Microsoft Hyper-V Server 2012 R2
CPU:Intel Core2 Duo L7500
メモリ:8GB
ストレージ:320GB
NICIntel 82566MM Gigabit Network Connection

この記事を読んでいる方のサーバ予算は潤沢であることを祈っています。